第7回 少子化対策

日本の合計特殊出生率は2013年で1.43ですが、社会福祉の発展しているスウェーデンでは1.89です。この違いはどこにあるのでしょう。まず、女性の社会進出が違います。スウェーデンには専業主婦が2%しかいないのに比べ、日本は38%です。スウェーデンの女性の就業率は82.5%なのに比べ、日本は69.2%です。

この違いは、スウェーデンでは、子をもつ女性でも働きやすい環境にあることを示しています。スウェーデンでは、育休が両親合計で480日間で、そのうちの給与の8割が保障されているそうです。また男性の育児参加も進んでいて、約9割の男性が育休をとるそうです。

保育所も完備されていて、待機児童はほぼゼロ、また小学校から大学まで、教育費は全て無料、出産費用もほぼ無料だそうです。さらに、事実婚のカップルでも、結婚している夫婦と同等の権利が与えられているそうです。
 
日本では仕事をしながら子供が欲しいと思っても、受け入れてくれるところが限られます。また、育てる費用を考えると、2人目を産めない家庭もあります。

日本の少子化を防ぐには、スウェーデンのような思い切った仕組みを作ることが大切だと感じます。

第6回 毛虫との戦い

最近の私の早朝は大忙しです。6時過ぎに外が明るくなると、じょうごがささり、水の入ったペットボトルとワリバシ、手鏡を持ち、小さな庭に出動します。それは何をするためかというと、今栽培中のハクサイやコマツナについた毛虫、ナメクジなどの虫をとるためです。

野菜を育てるにあたって、頻繁に農薬をまけば虫がつきません。しかし、それでは土が傷んだりしますし、美味しい野菜はとれません。そこで私は無農薬の野菜作りに挑戦しています。そのために、このような手間のかかる作業が必要となるのです。

蝶やガは庭を優雅に飛び回っていますが、彼女らこそが野菜に卵を産み付けます。そしてそれが孵化すると、アオムシや毛虫になります。最初の幼虫は数㎜の大きさですが、コマツナなどの葉を食べ続けると、葉に大きな穴をあけてしまい、3~4㎝の大きな毛虫に成長します。私の庭に多く発生している毛虫は、薄茶色のタワシのような形をしています。

庭に出た私は、まず鳥の目になって、上からそれらの虫やナメクジを探します。見つけるとワリバシでつまんでペットボトルにさしたじょうごの中に放り込みます。すると、その毛虫はペットボトルの中にポトンと落ちるというしくみです。しかし、「敵もさる者」、上から見えるところに居るものは全体の約3割、残りの7割は葉の裏に隠れています。

そこで手鏡の登場です。ハクサイなどの葉の裏側に手鏡を当てると、続々とナメクジや毛虫が発見でき、それを根気よく一匹ずつつかまえていくのです。一日でもこの作業を怠ると、野菜が虫に負けてしまうので大変です。

ところである時、一体この毛虫の成虫はどんな姿をしているガなのかという疑問がわき起こりました。それがわかればガの段階から捕獲することも考えられます。そこで私はインターネットでいろいろ調べましたが、結局わからずじまいでした。その話を妻にすると、ポンと一言。「それならその毛虫を飼って、羽化させたらいいじゃないの」。正に「敵を知れば百戦危うからず」でした。

今まで毛虫を退治することばかり考えていた私の発想力の乏しさに愕然としました。しかし、今に至るまで、その毛虫を飼おうという決断には至っておりません。

第5回 最近の日本語

言葉は移り変わるものですが、私にとっては時々「アレッ」と違和感を感じる言葉や言い回しがあります。

例えば、店員さんが代金を受け取るときの「千円からお預かり致します」という言葉。
私は「千円お預かりします」でいいと思うのですが、それではそっけなく感じられるのでしょうか。

また、最近はよく「半端ない」という言葉を耳にします。私は文法的に言っても「半端ではない」ということから、「半端じゃない」が正しいと思うのですが、いかがでしょうか。

言い回しとしては、「~させて頂きます」という人が多いように感じます。例えば「私は最近、○○という仕事をさせて頂いております」などの言い方です。「私は最近○○という仕事をしております」とシンプルに言ってもいいように思うのですがいかがでしょうか。

最近の風潮として、相手に気を使いすぎたり、自分を謙遜しすぎる傾向があるのでしょうか。このような言い回しは、特に外国人の方にはなかなか理解できないもののようです。

第4回 スナバとスタバ

皆さんはスナバ珈琲というお店をご存知ですか。それは、鳥取県にあるコーヒー店です。

鳥取県は全国で唯一、スターバックスがない県として知られていましたが、今年5月にスタバが鳥取駅前にできました。これでスタバは全国47都道府県すべてに出店したことになります。

スナバ珈琲はそのわずか1年前に、同じ鳥取駅前に開店したコーヒー店で、スタバの進出は大ピンチとなりました。

ここでスナバ珈琲が何をしたかというと、「スタバが開店してから5日間の間、スタバのレシートをスナバ珈琲に持ってきてくれれば、スナバ珈琲のコーヒー(324円)を半額(162円)で提供する」という企画を「大ピンチキャンペーン」と銘打って行ったそうです。

スナバ珈琲のコーヒーは、昔ながらのサイフォンを使い、丁寧にいれるのが自慢だそうで、このキャンペーンでは「味では絶対負けないし、是非飲み比べてほしい」という強い自信が見て取れます。
このキャンペーンは地元メディアばかりでなく、全国のメディアにも取り上げられたとのことで、スナバ珈琲は全国的にも注目を集めました。さらに、「鳥取に観光に行きたい」という人も増えるくらい、インパクトを与えたそうです。

私はこのニュースを知って、大手塾が地元中小塾のテリトリーに進出した姿を想像しました。
中小塾の経営者の中には、「もう駄目だ、お終いだ」と考える人もいるかも知れませんが、「ピンチはチャンスだ」と考える人もいることでしょう。

いかにピンチと思われることが起きても、「打つ手は無限にある」と考えれば良い手だてが生まれてくるのかも知れません。

第3回 ミッション・インポッシブル

皆様は劇場で上映される映画をよく御覧になりますか。私は先日の日曜日、久々に時間ができたのと終日雨だったことから、映画館に映画を観に行きました。観た映画はトム・クルーズの「ミッション・インポッシブル」。

冒頭のシーンは、飛び立った飛行機につかまり、遠隔操作でやっと開いた扉から飛行機の中に侵入するというもので、初めから迫力満点でした。そして、最後のシーンまで緊迫した映像が続き、画面に完全に引き込まれてしまいました。

聞くところによると、かなり危険なシーンでもスタントマンに頼らず、トム・クルーズ自身が演じたとのことで、その身体を張っての演技には驚嘆しました。

緊張続きの2時間があっという間に過ぎ、最後にはスタッフや協力者の名が延々と連なります。グッタリした身体でそれを見ていましたが、その数の多さにもビックリ。たった一本の映画の制作でも、これだけの人の力によってできているのかと改めて感動しました。

また、テレビやモバイルを通じて観るのと違って、劇場で観る映画は、音も映像も迫力満点でした。
映画代金もシニア割引で1100円。これからの雨の日曜日は、映画館で映画鑑賞となりそうです。