第109回  “こんまり”さんの「ときめき片づけ術」

皆さんは“こんまり”さんの「ときめき片づけ術」をご存知ですか? “こんまり”こと近藤麻理恵さんは、2010年に『人生がときめく片づけの魔法』を書き、世に出したところ、100万部を超えるミリオンセラーを記録しました。

また、このシリーズは海外でも好評で、累計300万部を突破しました。また、2015年には米国「TIME」誌の「最も影響力のある100人」にもノミネートされました。

この本の魅力はどこにあるのでしょうか。私も『人生がときめく片づけの魔法』が出版されたとき、人に勧められて読みました。その本の中で一番感動したことは、物の捨て方の基準がとてもシンプルであることです。それは、物を残すか捨てるかの基準は、「その物に対して心がときめくかときめかないか」ということだそうです。

例えば、ある服がとても高価な物で、1~2度しか着ていないとします。その場合、普通なら「高かったし、少ししか着ていないから、もったいないので残す」と考えがちです。でも、こんまりさんは、そのような場合であっても、「その物に対し、心がときめかなかったら捨てなさい」と説きます。

更に、物を捨てるにしても、「今までありがとう。窮屈なところに閉じ込めていてごめんね」という心が大切だと説いています。そのような考え方を発展させていくと、靴下を収納するときに、ペアとなるものと裏返してまとめることは、御法度だそうです。

つまり、「靴下は一日中激しく使われているわけである。洗濯が終わり、次の出番まではタンスの引き出しの中での休養期間である。よって、その際に靴下を結んでしまうのは、靴下にとってかわいそう。」と考えるわけです。

私はそのような考え方はとても日本人的で斬新なものだと感じます。その根底にある「物に感謝する」という考え方が、海外の人々の共感を呼んでいるのではないかと思いました。

第108回 「サービス」と「おもてなし」

私が愛読している「宮崎中央新聞」の記事を読んで知った話です。航空会社に勤務しておられた白駒さんは、「接客業」ではなく「接遇道」に携わっているのだと肝に銘じて、仕事をされていたそうです。

彼女によりますと、「接客」と「接遇」では提供するものが異なるのだそうです。「接客」とは「サービス」でありマニュアルが存在しますが、「接遇」は「おもてなし」であり、人の数だけの「おもてなし」がうまれるのだそうです。

そして、「おもてなし」というのは、単なる「ホスピタリティ」ではなく、「日本流のホスピタリティ」だというのです。それは、ドアの開閉における概念においても、日本独特のものがあるのだそうです。

ヨーロッパでは、外から部屋の中に入る場合、必ずドアを押して入るのだそうです。つまり、中から押し返せば外敵の侵入を防げるので、ドアは「閉める」ものだと思っています。しかし、日本人はドアを「開く」ものだと考えているのではないかというのです。ヨーロッパ人が「他人は敵」と思って「警戒」しているとすれば、日本人は「他人は隣人」と思って「心を開いて」いるのかもしれませんね。

第107回 10年間で地球一周

君原健二氏は、元東京オリンピックマラソンの代表選手で、1968年メキシコシティオリンピックの銀メダリストです。その君原氏の講演のダイジェスト文を読みました。

君原氏は、八幡製鉄所の陸上競技部に入りました。最初は、先輩のペースについていくことができず苦労したそうですが、練習後、他の部員が帰った後に、少しでも人より多く練習しようと心掛けたそうです。

それまでの君原氏は、「人間の日々の努力は、せいぜい紙一枚くらいの厚みしかない」と思っていましたが、「それを積み重ねると紙も本になる」と努力の成果を感じたそうです。

君原氏が中学2年からの10年間で走った総距離は、4万キロにもなるそうです。それは、地球を一周する距離に値します。小さな目標から達成感を積み重ね、大きな目標を掲げ、一生懸命、努力し続けた君原氏に感心しました。