第123回 「怒り」をしずめる生活

皆さんは、すぐに怒りをあらわにしてしまう方ですか。それとも、いつもニコニコ穏やかにされている方ですか。私は今ではまだましになりましたが、昔は何に対してもイライラして、怒りをぶつけていました。

最近、『アンガーマネジメント入門』安藤俊介著〈朝日文庫〉という本を読んで、アンガー(怒り)について少し勉強しました。まず、怒りは「生きていく上で不可欠な感情である」ということを知って、とても驚きました。動物は、自分の前に敵が現れると、筋肉を緊張させ、心臓を速く動かして戦闘準備を整えます。勝てると思えば戦うし、負けると思えば一目散に逃げ出します。これが怒りのメカニズムだそうです。

私たちはまず、怒りは自然な感情であると知って、次に「どうしたらそれをしずめられるか」を考えることが大切なようです。怒りは、自分の「価値基準(コアビリーフ)」に関係しているとのことです。例えば、「上司が残業しているうちは、部下は残業するものだ」などです。もし、部下がこれに反した行動をとると、怒りが発生するとのことです。

確かに、昔の私は誰に対しても「○○すべきだ」「○○のようにあるべきだ」というように、「~べき」が多かったように思います。これを取り払うようにすると、大分怒りの原因を取り除けるようです。また人は、ストレスが多くなると怒りやすくなるようです。ですから、ストレスが少ない生活や、穏やかな心のあり方を目指すことが大切なようです。

また、怒りは人の体の反射反応のように、自動的には起こらないようです。怒りの感情が生まれるまでには、いくつかの段階が踏まれるそうです。ですから、怒りを感じたとしたら、それをすぐに表そうとせず、「100、97、94、91・・・」などと、100から3ずつ引いていく逆算を頭の中でするなどの行動をとると良いそうです。

怒りを相手に直接ぶつけたとして、何もいいことはありません。いつか怒りの感情が頭をもたげた時は、この方法を思い出し、試してみようと思います。

第122回 自己紹介革命

皆さんは、自己紹介に特化した仕事をされている方をご存知ですか。世の中にはすごい人がいるもので、横川裕之氏はなんと、自己紹介革命アドバイザーとして活躍されています。

まず、彼は初めて会う人に「自己紹介とは何を紹介するものだと思いますか?」と問います。その時に「自分を紹介するに決まっているじゃないか」と答えたら、アウトだそうです。

自己紹介のポイントは、自己紹介した後「自分に興味、関心を持ってもらえるか」「自分ともっと話がしたいと思ってもらえるか」の2点にあるそうです。もっと言うと、「自分と関わることで得られる聞き手の未来」を語ることだそうです。

例えば、名刺交換という一瞬の自己紹介の場合では、次のような感じです。
「口コミサイトで○○県NO.1の評価をいただいた、妊婦専門の整骨院を経営している△△と申します。」
確かにこのような名刺交換をすれば、「この人と関わると、妊娠中に腰の痛みで苦しんでいる○○さんの悩みが解決するかもしれない」と思ってもらえ、顧客獲得の幅が広がることでしょう。

また、複数の人の前で自己紹介する場合では、3文でまとめ、18秒程度で伝えるのが良いそうです。その3文は、次のような流れが良いそうです。
(1)自分が提供できる「未来」を語る
(2)これまでやってきた実績という「過去」を語る
(3)聞き手がすぐ行動を起こせる「現在」を語る

例えば、私の場合では次のような感じでしょうか。
「私は皆様に、簡単に本作りができるコツをお伝えすることができます。私は今まで、都麦出版というブランドで塾用教材を50冊以上つくってきました。もし御興味をお持ちの方は、この会合の後にお声を掛けて下さい」
この自己紹介の時間を計ると、約15秒でした。

今までは、「塾用教材を作っている鳥居といいます」程度でしたが、このような自己紹介にすると、注目の度合いが大きく変わるな、と感じました。

第121回 介護や看護での現場の言葉遣い

昨年、少し腰を痛めて入院したことがあります。その時、看護師さんには2タイプあることがわかり、少なからぬ違和感を抱きました。
まず、第一のタイプの看護師さんは、次のような口調で話します。
「鳥居さん、おはようございます。お加減はいかがですか。」
それに対して私が、
「とても調子がいいです。ありがとうございます。」
と答えると、
「それは良かったですね。」
と返します。

もう一つのタイプの看護師さんは、次のような口調です。
「鳥居さん、おはよう。調子はどう?」
それに対して私が
「とても調子がいいです。ありがとうございます。」
と答えると、
「それは良かったね。」
と返します。いかがでしょうか。この2つのタイプに対し、皆さんはどうお感じになられますか。

このような会話が、看護だけでなく、介護の現場でも起こっているようです。つまり、病人や利用者に対して、丁寧語ではなく、タメ口(友達口調の言葉)で話す看護師さんや介護の方がいるということです。タメ口を使う人は、「親しみやすいから」というのが理由のようです。しかし、例えば食堂に入って、その店でアルバイトしている高校生から、
「いらっしゃい。何食べるの?」
などと言われたら、どんな気分になるでしょうか。

私は、介護や看護の現場においては、ケアする人、ケアされる人が、それぞれ相手に敬意を持ち、丁寧語を使って会話することが大切だと思います。

第120回 これからの塾経営のポイント

私は先日、東京での塾の会合に出席した後、鹿児島に飛びました。そして翌日、鹿児島の塾の先生方を相手に、講演を行いました。話の内容は、最近の大手塾やフランチャイズ塾の動向や、塾経営を成功させる原理・原則などでした。

 塾を取りまく環境は大きく変化をしていますが、塾経営の原理・原則は不変です。表面的なことに流されず、その原理・原則を貫くとともに、時代の流れにうまく乗っていくことの大切さを感じます。

 例えば、OECDの学習到達度の15年調査(PISA)で、シンガポールが数学的リテラシー、読解力、科学的リテラシーの全てで第1位という結果があります。これについて、読売新聞の「読解力があぶない」というシリーズの最終回には、興味深いコメントがあります。シンガポールでは、「小学校で論理的思考や読み書きを訓練し、小中高校の卒業時に論述試験がある」そうです。また、「子どもが学ばざるを得ないシステムを国が作り上げている」そうです。

 日本では、そこまで徹底出来ていませんが、そのような傾向は今後強まると思っています。既に一部の塾では、その変化に対応すべく動き始めています。当社の『読解はかせ』に昨年以上の引き合いが来ているのも、その流れのようです。各塾の核となる指導方針を堅持しつつ、時代の流れをキャッチし、その流れにいかにうまく対応していくかが塾の盛衰を決めていくように感じます。