第127回 神道の考え方

私の姓は「鳥居」ということもあり、鳥居家の宗派は神道です。 神道は、知らず知らずに日本人の心の中に息づいています。例えば、「どんな所にも神がひそんでいる」などの考え方です。

また、日本人特有の感覚として、「親先祖が見ている」というものもあります。そしてこれは、新潟県燕市鎮座戸隠神社 禰宜(ねぎ)渡邉大蔵氏 の講演録から知ったことですが、日本人の死生観には、「全て神様の世界から来て、亡くなったらまた神様の世界に帰る」というものがあるそうです。

海外では、「契約を守ったら天国に行き、天の掟に歯向かうと地獄に行く」と考えられています。しかし、日本人はあくまでも「たま(心)はご先祖様のところに帰る」という感覚を持っているとのことです。この考え方を外国人に話すと、「じゃあ、悪いことをしても良いことをしても、結局同じ所に行くということですか」と驚き、「だったら悪いことをするに決まっている」と言う人が多いそうです。

しかし、神道の考え方は次の通りだそうです。 「悪いことをすると、あの世に戻ったときに親先祖に怒られる。また、迷惑を掛けた人に謝り続けなければいけなくなる。」そうです。だから、あの世ではとても生きにくくなってしまいます。また逆に、この世で良いことをたくさんすると、親先祖や先に亡くなった人から、「おまえは生きている間いっぱい頑張ってこちらの世界に来たね」とほめられ、あの世の生活が楽しくなるそうです。

以上でわかるように、「みんな同じ世界に行くということは、この世の生き方によって、あの世が天国にも地獄にもなる」ということだそうです。 来日した外国人が、「日本では落とした財布が戻ってくる。しかも中の現金が手つかずで…!」と驚くなどの話をよく聞きます。 このようなことを考え合わせると、日本人の心の中には、無意識のうちに神道が息づいているのかもしれないと、感じました。

第126回 正しい歩き方

町を歩いていると、姿形は良いのに、ヒョコヒョコしたあまり美しいとは思えない歩き方をしている女性などを目にします。内心、もっと美しい歩き方をすれば、ますます素敵に見えるのにと、とても残念に思うときがあります。

東京の南青山で、足専門の治療院をしている新保泰秀さんは、正しい歩き方の大切さを訴えておられます。正しい歩き方をすれば、1日1万歩などは不要で、1日300歩でもよいそうです。

新保氏によりますと、正しい歩き方とは、大まかに次の通りです。
1)まず前脚は膝をしっかり伸ばして踵(かかと)から着地する。
2)前脚の膝を伸ばしたまま、後ろ脚の踵を上げ、重心を前脚のバランスポイント(踵の少し前)にのせる。この時、後ろ脚はまっすぐに伸ばす。

そして更に次のように続けるそうです。
3)後ろ脚を前に出す時は、地面を蹴らずに前脚の膝をこするように出し、踵から下ろす。
御興味をお持ちの方は、新保氏のHPをご覧になられたらどうでしょうか。私は早速、氏の書いた「1日300歩ウォーキング」という本を読んでみようと思います。

第125回 漢字の美しい書き方

私自身は、字はあまり上手な方ではないと自覚しています。字を上手に書くには、丁寧に書くよう心掛けると同時に、正しい書き順でかくことが大切なようです。

私は塾で、小学生に臨時で国語を教えている時に、恥ずかしい思いをしたことがあります。それは、ホワイトボードに字を書いているとき、「先生、その字の書き順が違います」と生徒から指摘を受けたことです。

例えば、「飛」という漢字です。皆さんは、真ん中の縦線は何画目に書かれるでしょうか。
正しくは4画目です。私は、今までそれを最後に書いていました。また、「博」の「、」はどうでしょうか。正しくは、「寸」を書く前に打たなければなりません。

同様に、「希」という字の書き順も間違えていました。そのように、生徒にいろいろ指摘されて、小学1年生で学ぶ漢字から、改めてその筆順を学び直しました。

すると、正しい筆順で書くと漢字を美しく書けることに気付きました。そこで初めて、漢字を正しい筆順で書く大切さが分かりました。

第124回 人間関係を壊しやすい言葉や表現

怒りに任せてきつい言葉を投げかけてしまったり、感情に流されて、言ってはいけないことを口走ったりしては、人間関係が壊れてしまいます。そして、それはなかなか修復することができないものです。私自身は昔、このような過ちをしがちだったものですから、今それをとても後悔しています。

では、どのような言葉を使わない方が良いのでしょうか。このようなことについても「アンガーマネジメント入門」という本に詳しく載っています。それは「絶対」「いつも」「必ず」という言葉です。

例えば塾生に向かって「お前はいつも計算ミスをする」、「必ず君は遅刻をする」「そんなことでは絶対成績が上がらない」などと言うことです。言われた側にすれば、「いつもとか、必ずとかおっしゃるが、ときにはできているのに」と反発することでしょう。これは、その言葉を言う側が、力ずくで相手を屈服させようというような思いがあるからだそうです。

確かに、自分自身を振り返ってみても、「自分がいつも正しい、相手が間違っている」というような思いが根底にあったような気がします。「絶対」「いつも」「必ず」という言葉を使いたくなったら、他に正確な表現ができないかとか、それに代わる言葉や表現を探すことが大切なようです。

また、「大げさに言う」「オーバーに言う」も避けた方が良いようです。例えば、上司が部下に対して「なんでこんな大事なことがわからないのだ」と言ったとします。それに対して部下は、「なんでそんなことで大騒ぎするのだ」と心の中で思います。そうすると、言っている側はますます苛立ちます。部下もますます反発します。これを避けるには、上司が大げさな表現やオーバーな表現を使わずに、その事態がどれだけ深刻なものか、その事が会社にどのように影響するのか、等を冷静な口調で丁寧に説明することが大切なようです。そうすれば、部下の心にも響きます。

1番気をつけた方がいい言葉は、「べき」という言葉だそうです。「これが1番正しいやり方なのだから、他のやり方はやるべきではない」とか、「みんなが残業をしているときは、帰るべきではない」等です。これらはほとんどが上司の独りよがりです。独りよがりを相手に押し付けても、相手は納得しません。自分の価値観や考えを押し付けようとしても、反発されるだけです。私は、昔はこのようなことをたくさんやってきたので、このようなことを聞くと、とても恥ずかしく思いました。やはり、対等な立場でフランクに、じっくり話すことが大切なようですね。