第191回 伊能忠敬

伊能忠敬は日本各地を測量し、初めての正確な日本地図を作成した人物として、教科書でも有名です。彼は1800年から足かけ17年間、蝦夷地から九州まで10回にわたり測量し、外国の専門家も驚くほど緻密で正確な地図を作成しました。彼に関する逸話はいろいろとありますが、私が最近「面白い!」と思ったのは、熊本県の郷土史研究家である平田稔氏の文章から知ったことです。

氏は、伊能忠敬の測量チームが、どのようにして各地を測量していったかについて研究し、その一部を日経新聞7月10日朝刊にて発表しています。私は伊能忠敬の測量の仕方は次のようだろうと思っていました。
①数人のチームが歩測などしながらコツコツと各地を歩く。
②そのデータをまとめて地図にしていく。

さて、それについてじっくり考えてみると、このような方法では17年かけても日本地図を作ることは物理的に不可能だと言えるでしょう。日本の沿岸の海岸線を歩くだけで相当な距離があり、それを数名の人間が踏破しつつ地図にしていくわけですから、それは気が遠くなる作業です。

私は平田氏の文章を読んで、ようやく伊能忠敬の地図作りのシステムを理解することができ、「なるほど、それはすごい仕組みだ。それなら何とか17年あればやりきることができるだろう」と感心するとともに、納得しました。それは次のような仕組みです。

まず知らねばならないのは、伊能忠敬の測量は、途中から幕府の事業となったため、全面的に幕府の協力のもとに進められたということです。伊能忠敬の測量の計画が固まると、幕府は関係する藩の江戸屋敷に通達を出します。すると、藩邸は直ちに国元に飛脚便を出し、地元にいろいろな準備をさせます。地元では、伊能忠敬が現地入りする前に予備調査を行い、予め大まかな地図を作成しておきます。伊能忠敬の測量隊が現地入りすると、その地図が正しいかどうかを最新の計測器でチェックし、修正します。このようにして、次々と正確な地図を作っていったというわけです。

伊能忠敬の地図製作には、国と地域が一体になった、緻密なバックアップ体制があったのですね。

第190回 完全無農薬野菜への挑戦

私はマンションの一階の専用庭を使って、野菜作りをしています。それは、今年で3シーズン目を迎えます。初めの頃は、数多くの毛虫が発生して、それに悩まされました。毛虫は葉をアッという間に食い尽くします。

そこで私は来る日も来る日も毛虫退治に没頭しました。そうすると、2シーズン目からは、めっきりとその数を減らすことができました。そのコツは、葉の食われ方の観察です。葉が食われていて、その葉に黒いフンが落ちていると、「その近くに毛虫がいる」と推測できます。それが分かれば、あとは簡単です。その苗の周りの土を探ってみるのです。すると、必ずゴロンとした毛虫を見つけることができます。

さて、2シーズン目は雨の日が多く、ナメクジとヤスデの大発生に悩まされました。葉に光っている筋が見られると、それはナメクジの通った跡だと分かります。また、葉に小さな穴が開いていたり、苗の根が食われていたりすると、それはヤスデの仕業と分かります。それが分かっても、それらの虫がどこに潜んでいるかが分かりません。それらの虫を退治するという薬を少し使ってみましたが、あまり効果がありませんでした。

そこで私はある作戦を思い立ちました。それは、「安らかなねぐら作戦」です。具体的には、次の通りです。

まず畑の中でそれらの虫が潜んでいそうなところに、薄いレンガを置きます。それらの虫に安らかなねぐらを提供するのです。すると、夜中に葉をかじって満腹した虫たちは、明け方になると、そのレンガの下にもぐって、そこをねぐらにします。朝になると、私はそのレンガや庭のあちこちにあるプランターを一つ一つ全てひっくり返してチェックします。すると、そこにかなりの虫が潜んでいます。それらを退治していくというわけです。

私は、その作業を出勤前に、毎日毎日約数十分かけてやり続けました。すると、確実に虫は減り続け、被害を食い止めることができるようになりました。それはとても根気のいる作業でしたが、これでほぼ完全な無農薬栽培を実現することができました。しかし、こんなことは区画がはっきりした狭い場所だからできることで、普通の農地でやることは不可能なことでしょう。

この体験から、そのような土地で野菜を作るお百姓さんの苦労がよく分かりました。それとともに、虫たちと知恵比べする楽しさも味わうことができました。しかし、ここで安心して手を抜くことはできません。またいつ何時、虫たちが大発生するかもしれません。心を引き締め、毎朝毎朝レンガめくりをする今日この頃です。

第189回 未来の年表

ご承知のように、日本の人口はどんどん減少しています。これからあと10年、20年後には、日本の社会はどのようになっているのでしょうか。それについて知るための本として、私は『未来の年表2』河合雅司著(講談社現代新書)という本を読みました。

例えば、都心を走る電車の運行はどうなるでしょうか。日本の人口が減るのだから、乗る人は少なくなり、今よりスムーズに運行されると考えればよいでしょうか。それはどうも怪しいようです。これからは80歳以上の老人がどんどん増えていきます。すると、どうしても若者より動作が遅い人が増え、車椅子に乗った人など、介助が必要な人も増えます。すると、それらの人々の乗り降りの時間が長くなるため、列車の発着が不安定になると予想されます。このように、人口減少による影響は意外なところに及んでくるようです。

また、空き家の増加も大きな社会問題になることでしょう。今でも一人暮らしの老人が一軒家に住んでいるケースが多くなっています。すると、何年か何十年か後に、その方が亡くなった後の住居はどうなるでしょうか。その家の相続をする人がいなかったり、相続を拒否されたりしたとき、その家はずっと空き家として放っておかれます。すると、その家にスズメバチの巣ができ、周りの住人が被害に会うというような事態も考えられます。その場合、誰がどのようにしてそれを駆除するのでしょうか。そのような問題を抱えた空き家は日本中にどんどん増えていくことでしょう。現に、2016年現在の所有者が不明の土地は、410万haで、その面積は九州本土の面積を上回っているそうです。

これが2040年になると、720万haとなり、その面積は北海道の約9割に相当するそうです。
このように、日本中が歯抜けのような状態になってしまうと、人々の生活はどうなるのでしょうか。今から抜本的な対策を打っていかないと、今後はいろいろな問題がたくさん起きるように感じます。

第188回 『一流の頭脳』

今、私のしている仕事は、本を編集したり、文を書くという頭脳労働なので、少しでも頭を良くしようと思い、表題の本を読みました。

さて、一流の頭脳を得るには何がポイントなのでしょうか。結論から言ってしまうと、それは「適度な運動をする」ことのようです。それを知って、私は「なるほど!」と思いました。

ある人は頭を良くするために、パズルや「数独」などをしようとするかも知れません。私も時々、それらをして楽しみます。それらは頭を良くするために、ある程度は有効なようですが、「運動」には及ばないようです。

運動については、私も思い当たることがあります。日曜日にクタクタになるくらいテニスをした次の月曜日には、とても頭がクリアーになり、仕事がスイスイとはかどるという体験をよくしてきたからです。私はこのことを「運動をすると頭の血の巡りがよくなるためだろう」と思っていましたが、それはどうやら当たっていたようです。また、ノーベル賞をとった山中伸弥氏も、仕事の合間にマラソンの練習をしていることで有名です。山中氏のような忙しい方でも、やはり運度の大切さを理解されているのかもしれません。

大人の方で仕事に追われている人や、試験が近い学生さんなどは、目先のことで気が焦ってしまうことでしょう。そして、運動する時間があったら、その分の時間も仕事や勉強にあてたくなることでしょう。しかし、それはどうも逆効果となり、空回りの原因となりそうです。
この本を読んで、私も仕事や勉強に行き詰まったら、パッとそこから離れ、まずは体を動かすことを優先させようと思いました。

第187回 最近の子どもの国語力不足

夏期教材の展示会で、いろいろな先生とお話していると、共通して「最近の子どもの国語力不足」を嘆く声が聞かれます。例えば、塾で勉強中の生徒が先生に向かって「先生、トイレ!」などと単語のみを発するケースです。その先生は、敢えてその生徒に向かって「トイレ?それがどうしたの?先生はトイレではないですよ。」と返すそうです。このようなことは家庭内でも起こっていることでしょう。

家庭内で、子どもが母親に向かって「ママ、寒い!」と言ったとします。母親は気を利かせて「あらそう、じゃあエアコンの温度を少し上げるわね。」などと答えたとします。このような環境の家庭では、子どもの国語力は育ちにくいことでしょう。

また、「やばい!」という言葉を多用する子どもも気になります。語彙力の乏しい生徒は何でも「やばい!」で済ませていないでしょうか。同じ言葉ばかり使わず、その場にふさわしい日本語をあれこれ探し、それを使おうとすることで、初めて国語力が伸びていくのではないでしょうか。極論かもしれませんが、何でも「やばい!」で済ませてしまう子どもは人間よりも動物に近いのではないかとさえ感じてしまいます。つまり、犬が飼い主に向かって「ワォーン!」と鳴くか「キャイーン!」と鳴くか、その違いで、相手に自分の状況を察してもらうようなイメージを私は抱いてしまうのです。

さて、話は飛びますが、私共が今編集中の『ろんりde国語』という教材は、「Kip学伸」という東京の国語専門塾が開発したものです。その教材では、まず「文の中から述語を探し、次にその主語は何かを考え、それを抜き出して書く」というトレーニングを徹底させるところから始まります。私はこの教材を見たとき、「塾における国語教育はまずここからだ!」と直観しました。英語学習においても、主語、述語の関係を理解していない生徒はたくさんいます。そのような現状を打破するには、まず日本語を論理的に理解する力の育成からだと思います。

そこで、私はKip学伸さんにお願いし、その教材を当社で編集し、発刊する許可をいただきました。そして、来年の発刊にこぎつけました。

第186回 金さん銀さんの口の秘密

少し前の話になりますが、皆さんは金さん銀さんを覚えておられるでしょうか。ある歯科医が、百歳を超えた金さん銀さんの口の中を見て、大変驚いたそうです。それは、舌がとてもきれいだったからです。

お二人は、朝起きて洗面をした後、舌の掃除をしていたのです。口の中をきれいにしてから朝御飯を食べるという習慣は、戦前まで普通に行われていたようです。歯周病菌は、普段胃の中に住んでいるそうです。そして、夜寝ている間に胃から上がって、舌の奥のところに住みつくのだそうです。

だから、朝起きたらまず舌の掃除をすることが大切だそうです。舌にはいろいろなものが付いています。例えばカビの一種のカンジタ菌です。歯周病菌は、そのカンジタ菌をエサにして繁殖するそうです。だから、舌の掃除をしてそれを取り除くことが大切とのことです。

その時の掃除のポイントは、歯ブラシでなく、シリコン製のタンクリーナーを使うことのようです。歯ブラシのような硬い材質のものを使うと、食べ物の味を感じる「味蕾」を傷付けてしまう恐れがあるからです。

私自身は親譲りの歯周病に時々悩まされています。そこで、毎朝タンクリーナーを使うようにしました。すると、口の中の状態がとてもよくなったと同時にうれしいことが加わりました。それは、味覚が繊細になったということです。特に、ルッコラなどの野菜の苦味や緑茶の渋味などがよく感じられるようになりました。ご興味をお持ちの方は、是非お試し下さい。

第185回 驚くべき石鎚山

私は、先日昔から懇意の山好きの塾長さんと、四国の霊峰 石鎚山に登ってきました。
写真はこちら:
http://www.tsumugi.ne.jp/photo/yomoyama/20180525.html

石鎚山(1982メートル)登山は、ロープウェイも利用できます。そのため、前日は麓の民宿に泊まり、日帰りピストンでも登ることができます。しかし私たちは、敢えて頂上にある山小屋で一泊するプランを選びました。

石鎚山は飛鳥時代(685年)に役の行者によって開山され、かつて弘法大師も修行したという、由緒ある山です。そして、珍しいことに石鎚山は神仏混淆(こんこう)の石鎚本教の象徴のような存在になっています。そのため、石鎚山の山頂には神社があり、何とそこには神主さんが常駐しており、朝と夕方に神事を執り行っているのです。(写真には、うっすらと神社が写っています。)私たちは、山頂での日の出や日の入りを楽しむとともに、その神事を体験しようと、山小屋での宿泊を選んだというわけです。

朝、夕の神事は、各20~30分くらい厳かに執り行われ、とても神聖な気分になりました。そして、日本人の原点を感じられたように思いました。石鎚山は日本百名山の一つでもあり、とてもすばらしい山でした。山好きの方で、まだ石鎚山に登っておられない方は是非、登山とともにこの神事への参加をおすすめします。

第184回 日本人の感性

先日、一般社団法人 愛光流 代表の山本清次氏の講演のダイジェスト版を読み、「なるほど!」と感心しました。

氏によると、日本人は外国人に比べ、とても感じる能力が高いそうです。それが、「わび」や「さび」などの言葉に表れています。「わび」とは不足の美を表現する様です。「さび」は元々は時間の経過と共に劣化する様を表現したものです。それがやがて静寂の中に感じられる美を表す言葉になりました。

日本人はこのように、外国人とは違った鋭い感受性を持っているようです。例えば、お茶の世界では襖を開ける時に、ノックはしません。ほんの少し襖に手を入れてスーッと開けます。日本家屋は紙や木でできているので、中にいる人は摺り足の音や障子に映る影などで、「誰か来たな」と気配を察します。だから、ノックするという習慣はありません。しかし、西洋人は違います。必ず「コンコン」とノックして、自分が来たことを知らせます。

こんな話を知って、「確かに日本人は西洋人よりも感受性が高い」と感じました。ただし、同じ日本人でも無神経な人もいれば、感受性が高い人もいます。私自身は庭に花を植えたりして季節や花々の美しさを感じるようにしていますが、このようなことを通じて、自分の感性を高めていきたいと思っています。

第183回 おいしい野菜炒め作り

先日、私の妻が少し体調を崩して、寝込んでしまったため、私が料理を作ることになりました。私は何事も、やるからには徹底して研究するというタイプなので、「よし、野菜炒めを作ろう。では、どうしたらそれをおいしく作れるだろうか。」と思い立ち、その作り方を調べてみました。

すると、野菜炒めをおいしく作るには、それなりの手順があることがわかりました。例えば、フライパンはカンカンに熱くしてから野菜を入れることや、野菜を入れたらすぐに塩こしょうをしないこと、また、野菜を入れてからすぐに菜箸でかき回してはいけないことなどです。その他にもいろいろ注意点があり、料理の奥深さを知りました。

これらの手順や注意点は科学に基づいており、「台所の科学」という感じで、「なるほど!」と感心する点がいくつもありました。そして、料理にも原理・原則があり、それを守ることの大切さを感じました。

最近は自分で料理をせず、売っている総菜を買ってきて、それだけで済ませている人もおられるようです。確かに、自分で料理するのは手間で後片付けも大変ですが、おいしい料理を作る研究や、料理を楽しむゆとりも大切かなと思いました。

第182回 最近の若者の学力

先日、取引先金融機関の支店長と話す機会がありました。「今ちょうど新入社員の研修期間中なのだが、年々、新入社員のレベルが下がってきているので頭を悩ませている。」とのことでした。例えば、「100万円を○月○日から△月△日まで、日利○%で貸し付けた場合、その利息はいくらになるか、計算しなさい。」という問題の正答率がどんどん下がっているとのことです。

私共の教材である「割合はかせ」にしても、その教材を中学生や高校生に使わせているケースもあるので、その情報は「さもありなん」と思いました。その利息計算を間違う背景には、割合の計算が苦手であることだけでなく、もっと深いところにもあるようです。

例えば、「各月はそれぞれ何日あるか」などの基本的な知識です。私たちの世代は、その知識について「西向く士」などと言いながら覚えましたが、今の世代の子どもたちは、それがあいまいになっているのでしょうか。

今、『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』という本が話題になっています。子どもたちの読解力や学力がどんどん下がっているとしたら、それは重大な問題です。また、それは「塾の出番がきた」とも言えます。私共では現在、読解力や論理的思考力を向上させる教材の開発に取り組んでいますが、それによって、少しでも子どもたちの学力アップに貢献できたらと思っています。