第167回 あるメキシコ人との出会い

先日、札幌で知人の紹介で、あるメキシコ人夫妻を知り、親しく会話する機会を得ました。ご主人は40歳代で、メキシコでIT関係の会社を経営されている、頭脳明晰な方でした。

今回の来日は、数ヶ月にも及ぶ新婚旅行の一コマとのことで、そのリッチさに驚きました。そんなことができるのも、仕事がIT関係なので、ネット環境さえあれば世界中どこでも仕事が出来るからだそうです。また、ご主人は以前、日本に2~3年留学していたとのことで、かなり流暢な日本語を話されていました。また、スペイン語はもちろん、英語もペラペラでした。

現在私は、語学の習得に興味を持ち、その研究をしていることから、彼に「日本語をマスターするために一番大切なことはどんなことですか。」と質問しました。すると彼は、即座に「それは日本語の文法を理解して、それを駆使出来るようにすることです。」と答えました。つまり、日本語の文法さえマスターできれば、あとはその文法に基づいて、単語を入れ替えていけばいいので、ほとんどのことはそれで表現できてしまうということだそうです。

今回の日本の英語改革は、文法よりもシチュエーションごとの英語を覚えていくことを重視しているようです。それも大切かもしれませんが、そのような英語の学習法では、レポートや論文を書いたり、相手を説得するためのプレゼンテーション用の英文をつくったりする場合にも通用するのでしょうか。また、大学入試の際に必要となる長文読解にも対応できるのでしょうか。私としては、その辺のところがとても疑問に思うので、今回の改革の行く末を、もっとじっくり見極めていこうと思っています。

第166回 残念なお寿司屋さん

私は先日、札幌に出張していました。帰る途中に、空港内のある立ち食いのお寿司屋さんに入りました。私はいつもそこで、出発前に職人さんと会話しながらお寿司を少しつまむのを、楽しみにしています。

ところが、今回は少し様子が異なりました。私の前に立った職人さんは、隣の職人さんと私語を交わしてばかりで、お客と向き合うことがありませんでした。注文した寿司ができあがるときだけ、「どうぞ」と言ってその寿司を客の前にポンと置くのです。私は居たたまれなくなり、早々にその店を出ました。そして、「このようなことがもし、塾の中で起こったとしたらどうだろうか。生徒の退塾の遠因にもなりかねないな。」と感じました。

塾生は、講師との緊密な関係も求めて塾に来ることでしょう。そんなとき、講師が他の講師と雑談していたり、塾生から目を背けていたとしたら、塾生は塾に通う気をそがれてしまうことでしょう。旅先でのちょっとした出来事でしたが、塾の講師の立場についても、いろいろと考えさせられる経験でした。

第165回 これから始まる英語改革

今は教材展示会の真っ最中で、私も全国をとび回っています。展示会ではいろいろな情報が得られて、大変勉強になります。また、とても驚く事もあり、興味が尽きません。

先日の大阪展示会では、高校部と予備校を経営している塾の英語の先生が来て、私にこんな話をして下さいました。「鳥居さん、いつもよい教材をありがとう。うちの高一の生徒には、まず御社の『スーパー英語』を全てさせるのだが、それは驚くほど効果が出るよ。ある子はそれで英語の成績が急上昇して、医学部に通ってしまったよ。」という内容でした。

これは作り話ではありません。それを聞いて私は「そこまで『スーパー英語』の特色をつかんで、上手に使って下さっている先生がいたか」と感じ、心底嬉しくなりました。そのテキストは、私が二十数年前に、英語関係の本を数十冊は読んで、英語の本質を突きとめて書いたものです。憑き物に取り憑かれたように書き上げ、今振り返ってみると、「よくここまで集中して研究して書けたものだな。今、書こうとしても到底無理だ」と感じられるものです。

世の中では普通、be動詞のis,are,amを「~です」と訳しますが、それではbe動詞の本質がわかりません。また、現在完了形では、なぜhaveという動詞が使われるのか、そこまで言及した本は見当たりません。さらに、なぜ英文では、「時制の一致」のようなことが起きるのか、それを機械的に処理するのではなく、日本人と英米人の時間軸の違いから説明しているテキストも見当たりません。

そのようなところをきちんと理解して英語を学ぶのと、形式的なフレーズを丸暗記していく英語の学習法では、学年が進むにつれて大きな差がついていきます。それはちょうど数学において、定理や定義を完全にマスターしてから、問題を解いていく学習法と、解き方のパターンを丸暗記していく学習法との違いに似ています。

これからの英語教育は、大きく変わることでしょう。それは、英語の文法を学習するより、各場面ごとのフレーズを中心に学んでいく方が大切である、というような変化のようです。私自身としては、「その方法ではますます英語をわからなくさせ、混乱を招くだけだろう」と思っています。スポーツに例えれば、十分な基礎トレーニングもさせずに、生徒をいきなりテニスコートやゴルフ場に連れて行き、「さあ、プレーしてごらん」と言っているようなものだと思います。

このような変化に対し、世の人々は、いろいろな見解をお持ちだと存じます。どれが正解かはわかりませんが、私としては、これからの変化をじっくり見極め、「本質は何か、正道はどれか」ということをさらに追求していこうと思っています。

第164回 遊び心の大切さ

先日、ちょっとした用事で近くの薬屋さんに行きました。そこでよもやま話をしていると、薬屋のおじさんが、「鳥居さんにはあまり関係ないかもしれないけど、最近この育毛剤がとても評判なのですよ。」と話してくれました。私自身は抜け毛はないものの、少し髪の毛が細くなってきたように感じているので、1つ買って試してみました。

その製品は、育毛液を頭に振りかけるタイプではありません。スプレーで、頭皮十ヶ所ほどにシュッシュッと泡を吹き付けるのです。すると、塊となった泡が団子のようになって、頭皮にくっつきます。次に、その泡を手のひらでギュッと押さえつけると、パチパチと音がして、頭皮を刺激します。そのパチパチ感が気持ちよく、とても爽快感があります。この快感が癖になり、1ヶ月ほど続けたのですが、心なしか、髪の毛がふんわりしてきたように感じました。その製品が、本当に頭皮に対して効果があるかはわかりませんが、そのパチパチ感を盛り込んだ製品開発にはとても感動しました。

話は変わりますが、私共の教材の中でも、『読解はかせ』は特に人気があります。その人気の秘密の1つとしては、堅苦しさがなく、遊び心があるという点が挙げられると思います。また、兵庫県のある塾では、塾内にボルダリングの設備を作ったそうです。その設備は、塾生にとても評判がいいと聞いています。何かと世知辛い世の中ですが、それだからこそ、心がウキウキするような「遊び心」も大切なように思います。

第163回 人生の二期作と二毛作

私が尊敬している人物の一人には、伊能忠敬(ただたか)がいます。彼は江戸時代に精密な日本地図を作ったことで有名です。

彼は17歳のとき、豪商の家に婿入りしました。その後、ひたすら仕事に精を出し、その家の資産を10倍にしました。そして50歳で隠居し、大好きだった天文学を学ぶために江戸に出ました。江戸では天文学者・高橋至時(よしゆき)に弟子入りし、74歳で亡くなるまで、日本地図の製作に生涯を捧げました。

お茶の水女子大学名誉教授の外山滋比古(しげひこ)氏は「定年後、また同じような仕事をするのは『人生の二期作』のようなものだ」と述べています。二期作とは、同じ耕地で同じ作物を二度作ることです。外山氏は「人生は二期作より二毛作の方が面白い」とおっしゃっています。二毛作は、同じ耕地で季節ごとに種類の違う作物を作ることです。つまり、定年後に同じような仕事をするのもいいが、違った仕事や趣味を見つけ、それにチャレンジすることも素晴らしい、ということだと思います。

私自身は、塾の経営から教材の出版に軸足を移しました。塾経営も素晴らしい仕事ですが、教材の作成は、また別の意味で面白く、年齢を重ねても続けられるので、有り難い仕事です。また、教材の担当科目は、昔は理科や数学でしたが、現在は小学生の国語教材の開発に没頭しています。日本語を研究するにつれ、日本語の奥深さに興味を覚えます。また、趣味も30代から続けているテニスに加え、スキーなどにもはまっています。未知なる世界への好奇心、少年少女のもつ積極的な行動力をいつまでも持ち続けたいものです。

第162回 群馬への帰省

私は先日、母の一回忌で久々に群馬に帰ってきました。その日は快晴で、群馬三山(妙義山、榛名山、赤城山)はもとより、遠く浅間山や谷川連峰も見渡せました。これらの山を見ると、「故郷に帰ってきた」と、感慨が深まります。山々を見ると、「自分自身や周りの環境は変わっても、山々はいつも変わらず自分を迎えてくれる」という感じで、山の偉大さを痛感します。

帰りは時間があったので、道の駅に寄りました。そこにはたくさんの野菜が並んでおり、京都より値段も安くおいしそうなので、たくさん買い込み、持参したスーツケースに詰め込みました。それはまるで、京都から群馬へ野菜の買い出しに来たようなものでした(笑)。家に帰って、その中の1つである「ちぢみホウレンソウ」というのを食べました。それが、あまりに甘くておいしいので驚きました。

ところで、皆さまは、なぜ寒風に吹きさらされて育った冬の野菜が甘いかご存知ですか。植物にとって、冬の最大の恐怖は、寒さによる細胞の凍結です。そこで体内の細胞液の糖度を高めることで、体を凍結から防ぐというわけです。

群馬に帰ると、昼過ぎから強く吹き付ける「からっ風」を感じ、冬の厳しさを思い出します。その寒さを乗り越えた野菜の恵みに、改めて感謝しながらいろいろな野菜をおいしくいただきました。

第161回 知られざる硫黄島の事実

(株)独立総合研究所前社長 青山繁晴氏の講演のダイジェストを読み、大きな衝撃を受けました。まず驚いたのは、硫黄島は日本の領土でありながら、今なおアメリカの管轄下のような状態で、立ち入り禁止となっているということです。

硫黄島は、映画『硫黄島からの手紙』からもわかるように、戦争末期の激戦地です。戦争末期で軍人の数も減っていたため、その戦いには40歳以上の一般人もかり集められ、参加したそうです。40代といえば、家族も子どももいる人々ばかりでしょう。さぞかし参戦することは辛かったことでしょう。

硫黄島には、2万1千名の日本兵が渡りましたが、生き残ったのはたった1033名。約2万人の兵士がそこで亡くなりました。さらに、その2万人のうち、遺骨として故郷に帰ってこられたのは、8千人あまりです。つまり、まだ1万2千名の方が硫黄島に取り残されているのです。その当時の学校の先生、サラリーマン、大工さん、お菓子屋さんなどの一般の方々が、今なお硫黄島に眠っているのです。

氏は、防衛省に交渉して特別な許可を得て、硫黄島に赴いたそうです。飛行機が硫黄島に近付くにつれ、涙が止まらなくなり、飛行機が滑走路に降り立ったとたん、脚が動かなくなってしまったそうです。それもそのはずです。その滑走路は、普通の滑走路とは違うのです。硫黄島の戦闘がまだ続いているときに、アメリカ軍が日本兵の死体を片づけないまま、アスファルトを流し込んでつくったものなのです。つまり、その滑走路の下には何千、何百人という日本兵の死体が埋まっているのです。その時、氏は何とか飛行機から降り、滑走路を撫でながら大声で泣いたそうです。

今現在、硫黄島には海上自衛官の方などが赴任しているそうです。彼らの話では、島のあちこちで、ごく普通に兵士たちの幽霊を目にするそうです。これを知って、今すぐにでも、彼らの霊を慰めるような行事などが行えないものだろうかと、強く思いました。

第160回 「さ」入れ言葉

みなさんは「さ」入れ言葉というのをご存知ですか。これは、プレゼンなどで人々に話をするとき、「○○について説明します。」と言えるにもかかわらず、「○○について説明させていただきます。」とあえて「させて」を加えて言う表現です。

私は最近、この表現がとても多く使われるようになっていると感じます。その表現の背景は何でしょうか。私はその心理の背景は、「謙譲の美徳」であるように感じます。つまり、「~させていただきます。」と言うと、より謙虚でへりくだった感じを相手に与えられるために、よく使われるようになったと考えます。

しかし私は、この「さ」入れ言葉の乱用は避けるべきだと思います。話の中で、何度も何度も「~させていただきます。」が入ると、聴いている側としては、そのフレーズがとても耳障りに感じられてきます。そんなにもったいぶった言い方をしなくても、「~について説明します。」とか、「お邪魔します。」とか、そのような表現で十分丁寧さは伝わると思います。それなのに、あえて、なぜ「お邪魔させていただきます。」などと言うのでしょうか。私自身としては、この「さ」入れ言葉はあまり使わないようにしようと思っています。

皆さんは下記(1),(2)の表現について、どうお感じになりますか。
(1)「以上、今回は『さ』入れ言葉についてのコメントを述べさせていただきました。」
(2)「以上、今回は『さ』入れ言葉についてのコメントを述べてみました。」

第159回 『「座りすぎ」が寿命を縮める』

最近、上記の表題の本を読みました。早稲田大学スポーツ科学学術院教授の岡 浩一朗氏の著書です。「座りすぎ」が寿命に関係していると知って、とても驚きました。

40~64歳の日本人は、1日のうちテレビ視聴に2.5時間、パソコンやスマートフォン操作に1時間、デスクワークに3時間、車の座席に0.5時間と、1日平均約7時間は座っているそうです。座りすぎると、下半身の血流が滞り、いろいろな病気を引き起こすようです。座りすぎの状態が続くと、まず肥満や糖尿病のリスクが高まるそうです。また、テレビを見過ぎると、ウエストが太くなるとか、座りすぎでガンになるリスクが1.2倍になるなどの研究結果も出ているそうです。

私自身、この本を読む前は、「定期的にジムに行ったりしているからそのようなこととは無縁だ」と思っていましたが、それは甘い考えのようです。問題は、長時間ずっと座り続けることがよくないということにあるようです。つまり、1時間とか、それ以上座り続けることがいけないようです。よって、「高齢者の方がテレビを見続ける」とか、「仕事熱心な人がデスクに座りっぱなしで仕事をし続ける」とかが要注意なのです。

対策としては、30分から1時間おきに、立ち上がって軽い運動をするとか、トイレに行くなどがいいようです。また、あえて電話をするときは立って行うとか、コピーを取りに行くときはわざと遠回りして行くなどもいいようです。

私自身を振り返ってみると、原稿書きに集中しているときなど、あっと気づくと2時間座りっぱなしだった、などということがよくあります。これからはデスクの上にキッチンタイマーでも置いて、1時間ごとにそれを鳴らすようにし、タイマーが鳴ったら軽い体操でもしようと思いました。

第158回 海藻を積極的に食べよう

先日、宮崎牛の中でも特においしいといわれる尾崎牛を育てている、(株)牛肉商尾崎 商主 尾崎宗春氏の講演のダイジェスト文を読みました。尾崎牛のおいしさのポイントは、餌としてビールの絞り粕を中心に、きなこや粉すみ、天然カルシウムなどをブレンドして与えるからだそうです。

さらに、もう1つポイントがあります。普通の宮崎牛は、生後27ヶ月で肉になりますが、尾崎牛は30ヶ月以上育てます。ただ長く育てると老化現象が出て、血管が弱くなってしまいます。そこで尾崎氏は、いつまでも若さを保っている、ある美人タレントの食事に注目したそうです。それは、海藻です。そこで尾崎氏は、海藻を粉末にして牛に与えたそうです。すると、血管がとても丈夫になったそうです。血管を強く、若々しく、弾力性のあるものにできれば、人間でも脳梗塞、動脈硬化、心筋梗塞などにかかるリスクを防ぐことができます。

私は、この「海藻による血管の若返り法」を知って、私が朝晩食べているスペシャルサラダの内容について、とても自信をもつことができました。
ちなみに、私のスペシャルサラダの内容は、下記の通りです。よろしければ参考にして下さい。
・自宅の庭でとれるパセリなどの葉っぱ類
・ミニトマト、キャベツ
・柿酢
・オリーブオイル
・くるみなどのナッツ類
・鳥取産自家製らっきょう2粒
・とろろ昆布1つまみ