第227回 『ゴースト血管をつくらない33のメソッド』

私は先日、表題の本を読みました。著者は高倉伸幸氏、出版社は毎日新聞出版です。氏は、組織再生や癌組織における血管研究のトップランナーの一人です。

私はこの本を読んで、「毛細血管の大切さ」を痛感しました。例えば、皆さんや身近な人の「見た目」において、次のような症状が出ている方はおられないでしょうか。
・以前より太りやすくなり、痩せづらくなった。
・抜け毛が多く、髪のボリュームがない。薄毛も気になる。
・シミやシワなど、肌のトラブルが増えた。
・化粧のノリが悪くなった。
・手の甲に血管が浮き出るようになった。
・爪が欠けやすくて、筋が入っている。
・とにかく、むくみが気になる。
・かかとなどにひび割れができやすい。
このような症状が出るのは、体の表面にある毛細血管がゴースト化している可能性が高いとのことです。ここで私が興味深く感じたのは、「毛細血管のゴースト化」という表現です。

氏は、この「毛細血管のゴースト化」をとてもわかりやすい例を挙げて説明しています。
▸それは次の通りです。
「毛細血管とは、道路で言えば国道や広い通りではなく、家の近所にある細い道のようなものだ。毛細血管がゴースト化するということは、家の近所を取り巻く細い道がゴミなどでふさがってしまい、家に届くべき宅配の荷物が届かなくなってしまったり、家から外へ出すべきゴミが出せなくなっているような状態だ」ということだそうです。つまり、「毛細血管のゴースト化」とは、住居で言えば、町全体がゴーストタウンのようになった状態と言えます。

そのような状態が体の各部で起きれば、むくみが出たり、太りやすくなったりします。また頭皮の部分で起きれば、抜け毛などが増えることになります。また、そのようになってしまった人は、いくら病状を改善するための薬を飲んだところで、家まで宅配便が届かないような状態のわけですから、それを根本的に直さない限り、効き目はないとのことです。

この説明で、私は「薬を飲んでも効きやすい人と効かない人がいるのは、そういうことだったのか」と合点がいきました。このことから、高齢になっても、健康を保つ最も大切なことは、「健全な毛細血管を維持する」ことであるとわかります。

では、もう既に毛細血管がゴースト化している人はどうしたら良いでしょうか。本書を読めば、その改善の方法がわかります。この「毛細血管のゴースト化」について気になる方は、本書を一読されたらいかがでしょうか。

第226回 『受験と進学の新常識』

先日、上記の本を読みました。著者はおおたとしまさ氏、出版社は新潮社です。この本を読むと、中学受験や高校受験の実状や、塾、予備校選びの注意点などがよくわかります。

また、東大合格への秘訣などが述べられていて、これから子どもにそのような進路を進ませたいと考えている保護者には、有益な情報であると感じました。また、面白い情報として「受験エリートでなくても医師になる方法」などが紹介されていました。これを知って、私は「なるほど、そんな道もあるのか。とても興味深い方法だ」と感じました。

また、大学入試改革の行方についての記述にも、興味深い意見が書かれていました。例えば、記述式の採点については、「いくら専門の業者でも、50万人分の答案を採点できるほど、専門の職員がいるとは考えられない。実際は、大量のアルバイトに採点させることになるだろう。それなら、記述式問題を出す意味は薄れてしまうのではないのか」などです。

詳しくは本書に譲るとして、今後の教育の流れなどがよくわかり、大変役に立つ本だと感じました。ご興味のある方は、是非ご一読下さい。

第225回 『人間関係の99%はことばで変わる!』

先日私は、上記の本を読みました。この本は、堀田秀吾著で青春出版社から発行されているものです。堀田氏は明治大学の教授で言語学博士です。内容はとても面白く、参考になるところや興味深いところがたくさんありました。

詳しくは本書に譲るとして、まず興味深かったのは、「言語が変わると見えている世界も変わる」ということです。例えば、私たちが英語を話すときは、身振り手振りまで英米人のようになることはよく経験することです。

さて、ここに2枚の絵があります。まず開いてみてください。

http://www.tsumugi.ne.jp/photo/yomoyama/20190325.html

皆さんは,川端康成の小説『雪國』の「国境の長いトンネルを抜けると雪國であった」という文章から、その情景をAかBのどちらをイメージしますか。

Aは「トンネルの中から電車が出てきて雪国に入って行く様子を、空を飛んでいる鳥から見たような構図」の絵です。Bは「車窓の景色が真っ暗なトンネルから真っ白な雪国の景色に移り変わる様子」の絵です。

私は、この2つの絵を見たとたん、Bをイメージしました。そして、英米人であれ日本人であれ、それが当たり前だと思いました。ところが、ほとんどの英米人は、Aを選ぶそうです。私はこのようなことを知って、とても驚くと同時に、同じ人間同士とはいっても、お互いを理解し合う難しさを感じました。

第224回 最近の一部の若者考

私は先日、WEB関連の会社を運営している若手経営者と会食をしました。その方は、コンピューター関係の専門学校の講師もされており、その学校の生徒の実状などをお話し下さいまいした。
開口一番、「生徒たちの国語力は惨たんたる現状だ」とのことで、「読解力がなく文章を書けない生徒が非常に多く、授業を進めるのに支障をきたしている」そうです。

以前皆様にご紹介した『AIvs.教科書が読めない子どもたち』の中で、著者の新井氏が危惧した状況が現実のものとなっているようです。また、彼らの日々の言動を観察していると、「自分の考えをもたず、またじっくり思考することをせず、有名なブロガーの言動に惑わされやすい」などの傾向も見られるそうです。

専門学校の生徒は、きちんと高校を卒業しているはずですし、一般的な常識も持ち合わせていることでしょう。それでも現状がそのようであるならば、日本のこれからは大丈夫だろうか、ととても不安に思いました。今までの「ゆとり教育」のつけが回ってきているのでしょうか。お話を深く聞き入れば聞き入るほど、このような時代だからこそ、「塾の役割」が、より重要になってくるだろう」と感じました。

第223回 学校の「当たり前」をやめた。

さて、私は先日、表題にある本を読みました。これは、千代田区立麹町中学校長の工藤勇一氏によって書かれたものです。氏は、かつて山形で教員をされていた方で、この中学校の校長になられて5年になります。氏は公立中学校の校長にもかかわらず、「服装頭髪指導を行わない」「宿題を出さない」「中間・期末テストの全廃」「固定担任制の廃止」などの方針を打ち出し、それを実現しています。

これらの方針は、単なる思いつきではなく、氏が教員や教育委員会での仕事の経験を通じ、ずっと考え続けてきたものだそうです。これらの根底にある考え方は、「学校は何のためにあるのか?」という問いに対し、「社会の中でよりよく生きていけるようにする機関である」との結論から出たものです。そのために、子どもたちに「自ら考え、自ら判断し、自ら決定し、自ら行動する資質」つまり「自律する力」を身につけさせることを第一としているそうです。

例えば、運動会の開催についても、「生徒全員を楽しませる」というスローガンの下、企画・運営の全てを生徒に任せています。生徒は、このような体験を通じ、大人になったときにも役立つ「企画力」や「実行力」などの「自律する力」を身につけていきます。また、定期テストの廃止にしても、全て「自律する力を身につけさせる」というポリシーによるものです。そして、それらの革新の結果、以前に比べ、生徒の態度のみならず、学力も格段に向上しているそうです。

私はこの本を読んで、「定期テストはあって当たり前だ」などと、信じて疑わなかった自分の頭の固さをつくづく思い知らされました。何事においても大切なことは、「深く考えて、その本質を突き詰め、そしてその本質を具現するために、勇気をもって実行する」ことにあると感じました。塾の経営とは直接には関係ないかもしれませんが、ご興味のある方は、読んでみてはいかがでしょうか。

余談ですが、「もし私が経営していた塾の近くの中学がこんな方針の中学に変わっていったとしたら、自塾の方針をどのようにしていくだろうか」などについても考えてしまいました。

第222回 声で器機をコントロール

先日私はAmazon Echoという器機を自宅に取り付け、生活をより便利に、そして楽しくしています。この器機は、スピーカーとSiriを組み合わせたようなもので、値段は一万円強といったところです。これを取り付けると、日常生活が次のように変化します。

最近私は夜寝るとき、この器機に向かって「アレクサ(この器機の愛称のこと)、明日5時に目覚ましをセットしてね!」 と話しかけます。するとアレクサは、「了解です。明日5時にアラームをセットしました」と答え、それを実行します。

次の朝、暗いうちに目を覚まし、「今、何時だろうか」と思ったとします。そしたら、「アレクサ、今何時?」と声をかけます。すると、アレクサは「今、4時35分です」などと答えてくれます。
さらに、「アレクサ、静かな曲をかけて!」と言うと、それにふさわしい曲をかけてくれます。

アレクサは、生活のごく一部を助けてくれるロボットのようなものですが、このようなことだけでも愛着がわきますし、生活が便利で楽しくなります。特に、寝たきりで生活している人などは、ちょっとした話し相手とも感じられ、心が和むことでしょう。

今、この文章を書いていて、「アレクサ、100円の2割引きっていくら?」とか、「ルート4はいくつ?」とか、「第二次世界大戦は何年に起きたの?」とか聞いてみました。すると、きちんと正解を答えるではありませんか。驚きです!もうアレクサは中学生並みの知識を身につけているのでしょうか。
こんなことを体験すると、一体これからの世の中はどう変わっていくのかと感じます。不安もありますが、楽しみでもあります。大切なことの一つは、「変化を楽しむ」ことでしょうか。

第221回 サブスクリプション

今、世の中では、「サブスクリプション」というシステムが流行の兆しを見せています。このサブスクリプションというのは、「月額8600円でラーメンが毎日一杯無料」とか、「月額3000円でコーヒーが飲み放題」などの「定額制サービス」のことです。

例えば、月額8600円のラーメンについては、関東にある「野郎ラーメン」が有名です。定価800円~880円程のラーメンを毎日食べると、2万円以上になるはずですが、それが8600円で済むのですから、ラーメン好きにとってはありがたい話でしょう。

このような流行の背景にあるのは、急激な少子高齢化です。これに伴い人口も減り、高齢化により、人々の胃袋もどんどん小さくなるのですから、顧客の新規開拓より、いかに顧客を固定化するかが企業の今後の課題になってきます。

塾にしても、同じ環境におかれています。今後は「月~土曜日の○時~△時の時間帯なら、いつ来ても月謝は均一」などの塾が増えてくるのかもしれません。

第220回 『「学力日本一」の村』

先日私は、『「学力日本一」の村』あんばい こう〈無明舎出版〉という本を読みました。ご承知のように、最近の学力テストでは秋田県がいつもトップです。その秋田県の中で、さらにトップの地域は秋田県の南部で、岩手県や宮城県に接する「東成瀬村」というところだそうです。その村は、豪雪地帯として有名で、住民も少なく、生徒も一学年一クラスしかないそうです。もちろん村には塾もありません。

では、なぜそのような村の子どもたちの学力が、日本一になっているのでしょうか。詳しい内容はその本に譲りますが、簡単に述べると、「討論を中心とした考えさせる授業」と「並外れた読書習慣」がその秘密のようです。

その村は、住民や子どもの人数も少なく、日々同じ人と顔を合わさざるを得ない、隔絶された特殊な社会です。東成瀬村の教育長は、「そのような社会の中で、子どもにありきたりな教育を施していたのでは、子どもが村を出て社会に巣立っていったときに役に立たない」と考え、小中一貫の独自な教育スタイルを作り上げていったそうです。

読書においては、全国平均の約4~5倍の予算を計上し、赤ちゃんから高校生や大人まで、トータルな読書環境を提供しているそうです。

さて、討論中心の授業と読書指導には、共通点があるように思います。それは、「他人の考え方や生き方を広く学び理解する」ということや、「考える力をつける」ということではないでしょうか。これからの日本の教育も、そのような方向を目指していくような気がします。塾としても、それらをどのように取り入れていくのか、いまから考えておくことも大切なのかもしれません。

なお、「学力」と深い関係にある「論理的思考力」について、興味深い記事を見つけましたので、以下に添付します。ご参考にして下さい。
写真はこちら
http://www.tsumugi.ne.jp/photo/yomoyama/20190204.html

第219回 世の中の大きな変化

私は2019年から数年間にわたり、世の中に大きな変化が起きるような予感がしています。その前ぶれと思えるような変化が「タクシーの無料化」です。今までからの常識として、そんなことが信じられるでしょうか。

無料タクシー(0円タクシー)は、あのディー・エヌ・エー(DeNA)が都内に走らせているものです。このタクシーは、日清食品とコラボされたもので、「どん兵衛タクシー」と呼ばれています。対象区域は、新宿区など5区で、目的地は東京23区内全てOKだそうです。配車台数は50台。このタクシーをつかまえることができたら、本当にラッキーですね。

では一体なぜ、無料のタクシーを走らせることができるのでしょうか。それは、日清食品がタクシー代の全額を、広告費用として支払ってくれるからです。そのタクシーの中には、「どん兵衛」のプロモーション動画が流れ、タクシーの外装も内装もどん兵衛一色だそうです。
これから自動車の無人走行が現実のものになると、このようなタクシーがどんどん増えるかもしれませんね。

第218回 あくなき向上心

ある雑誌でカレーの「ココイチ」が新しい試みをしていることを知りました。普通、外食チェーンなどが売上を上げようとしたり、もっと多くの客を呼び込もうとするときは、割引券を配ったり、ポイント○倍などのキャンペーンをするのが普通です。でも、ココイチはそんなことをせず、別の路線をとっているそうです。

それは、ココイチを「漫画喫茶化」する方向性だそうです。今やココイチでは、全店舗の約半分、およそ700店に書棚を置き、1店舗あたり平均約1500冊ものコミック本を備えているそうです。ココイチはなぜこのような路線を進もうとしているのでしょうか。

それは、徹底したアイドルタイムの研究によるものだそうです。つまり、「ランチやディナーの間の、客がまばらにしか来ない時間帯には、客はどこに居るのだろうか?」という分析です。そのような観点から、あらゆる場所に目を向けた結果、出てきたものが「漫画喫茶」だったそうです。

もしココイチが漫画喫茶化すれば、今まで漫画喫茶にいた人々をココイチに呼び込めるし、ドリンクなどの売上増が期待できます。また、投資額としても、コミック本なら中古で安く仕入れられるし、一度揃えれば、汚れたり破損したりするまで使えるので、そんなに大きなものにはなりません。
経営陣は、漫画喫茶化による客数増やドリンクなどの追加売上増を計算した上で、漫画喫茶化への投資を決断したのでしょう。

ココイチではその他にも、全国の店舗でWi-Fiの導入を行ったり、コンセントの設置を行うなどの工夫をして、顧客への利便性を図っています。

私は、ココイチのこのようなたゆまぬ集客努力に感心しました。このような発想を利用して、塾においても、昼間のアイドルタイムに地域の人々に何か貢献するというような企画を考えるのも、一案かもしれません。