第254回 伸びる子どもの条件

この頃、職場に入ってきた次のような新人に手を焼く、という話をよく聞きます。

1.注意するとひどく落ち込む。

2.注意に反発する。

3.「どうもこの仕事は自分には合わないみたいです」などと、すぐに音を上げる。

4.理不尽な要求や叱責をする取引先や客にキレてしまい、せっかくの関係を台無しにする。

また、学生達と接している大学の先生にも、「最近は、我慢ができない者が多い」や、「すぐに『心が折れた』と言い出す者が多い」と感じる人が多いようです。また、学生達と話していて、「もうちょっと頑張ってみたらどう?」みたいなことを言うと、「いいんです。どうせ無理だから」「意思が弱いから無理です」「頑張ったっていいことないし」などという人もいるようです。

なぜ、このような若者が増えているのでしょうか。私は、『伸びる子どもは○○がすごい』榎本博明 著〈日経プレミアシリーズ〉を読んで、その本質をつかむことができました。それを理解するための一つのキーワードが「復元力〈レジリエンス〉」のようです。

この力は、子どもの頃に何か失敗したり、自分の思うようにいかないことがあっても「なにくそ!」と思い、それをはね返していくような力です。最近は、「叱るより、褒めて育てる」などの教育論が盛んなようですが、「悪いことは悪い」として毅然と叱ることは、とても大切なようです。

最近の幼稚園教諭を対象とした調査では、最近の親について、次のような感想を持つ人が多いようです。

1.過度に世話を焼く親が目立つ。

2.とにかく甘やかす親が目立つ。

3.自己中心的な親が目立つ。

4.マナーが悪い親が目立つ。

5.子どもをしつけるという自覚のない親が目立つ。

6.子どもの機嫌を伺うような親が目立つ。

もし、このような傾向が進んでいるとしたら、子どもの「復元力」を鍛える機会はどんどん少なくなっていることでしょう。「子どもを叱るのはかわいそうだ」と思って叱らないで子育てすると、マナーや常識が欠落した人間となってしまい、子どもが社会に出たとき、簡単に『心が折れた』などという状態になりやすいと思われます。

子どもは、自然の状態だと衝動のままに動きます。子どもを自由にさせるということは、衝動のままに動くことを認めることになりますが、それでは社会生活を送れません。そして、叱られることで「折れない心」が作られていきます。親が子を叱るということの根底には、「子どもが立派な人間に育って欲しい」という親の愛情があふれていることでしょう。

甘やかされて育ってしまった子どもは、社会に出てからそれを修正しようとしても、なかなか直らないという厳しい現実があるようです。親は、子どもの力を信じて温かく見守りつつも、「ダメなものはダメ」という厳しい姿勢で子どもに接することが大切なようです。

第253回 変わりゆく慣用句

10月29日に、文化庁の2018年度の「国語に関する世論調査」で、現在での慣用句の使われ方が発表されました。

「自分の言うことに、嘘偽りがないことを固く約束するさま」を意味する本来の慣用句は、次のA,Bのどちらでしょうか。

A「天地天命に誓って」

B「天地神明に誓って」

正解はBですが、Aを使う人が約54%いるようです。また、「論理を組み立てて議論を展開すること」の本来の慣用句は、「論陣を張る」ですが、今や「論戦を張る」と使う人が44%もいるようです。「前言に反したことをすぐに言ったりするさま」は、「舌の根の乾かぬうちに」が本来の使い方ですが、「舌の根」でなく「舌の先」と言う人も増えているようです。

では、「砂を噛むよう」は次のA,Bのどちらでしょうか。

A 悔しくてたまらない様子

B 無味乾燥でつまらない様子

正解はBです。

この調査で面白いのは、若い人ほど正解率が高かったことです。この理由としては、学校が過去の世論調査の結果を授業で使うなどした影響が、考えられるとのことです。

第252回 ハサミムシの一生

私が庭で植物の世話をしているとき、ちょっとした石を動かしたときなど、ハサミムシを見かけることがあります。ご承知のように、ハサミムシには尾の先に大きなハサミがあり、それで他の虫を捕まえたり、威嚇したりします。ハサミムシはゴキブリと同じく、「生きた化石」と呼ばれるほど原始的な昆虫です。

そんなハサミムシですが、一般の虫には見られない特徴があります。それは、昆虫の仲間としては珍しく「子育てをする」ということです。普通の昆虫や動物では、母親が産んだ卵は産みっぱなしで、子は勝手にかえり、勝手に育ちます。一方、はさみ虫は産んだ卵を母親が守るのです。ハサミムシは、冬の終わりから春の初めに卵を産みます。母親は飲まず食わずで卵にカビが生えないよう、順番に1つ1つ丁寧になめたりします。また、空気に当てるために、卵の位置を動かしたりしながら、丹念に世話をしていきます。このような世話をずっと2か月近くも続けるのです。

そして、ついに卵のかえる日がやってきます。このときの母親の気持ちはどのようなものでしょうか。そして、それをどう迎えるのでしょうか。何とそのとき、母親はお腹を上にして、ひっくりかえるのです。ハサミムシは肉食で、小さな昆虫などをえさにしています。しかし、かえったばかりのハサミムシの幼虫は、獲物を捕ることができません。そこで、幼虫たちはすがりつくかのように、母親の体に集まってきます。そして、あろうことか、幼虫は母親の体を食べ始めるのです。子どもたちに襲われた母親は、逃げる素振りも見せず、ただ黙って自分の体を子どもたちに差し出すのです。

動物たちはそこまでして、自分たちの子孫を残す努力をするのですね。翻って、「人間」はどうでしょうか。子どもを慈しむどころか、虐待する親もいます。人類は破滅の方向に向かっているのでしょうか。

なお、この話は稲垣 栄洋氏の書いた『生き物の死にざま』〈草思社〉によっています。ご興味をお持ちの方は、是非、ご一読をおすすめします。いろいろな動物を通じて、「生きることの意味」などについて、考えさせられる名著だと思います。

第251回 最近の教育情報

「生存競争で生き残る者は、強い者ではない。変化に対応できる者である」という言葉があります。最近の教育情報を見ていると、10月から始まった「幼保無償化」をうまく利用した「バイリンガル幼稚園」が生まれている、というものがあります。これは、「やる気スイッチグループ」が全国に展開する予定のものです。

この幼稚園の扱いは認可外保育施設であるため、月謝は月10万円前後です。しかし、今回からの制度変更で、3~5歳児では国から3万7千円の補助が出るため、高額な月謝の負担感も軽減されるようです。この情報を知って、「なんと素早い対応だろうか」と驚きました。

また、神奈川県では全ての県立高校で、生徒が私物のスマホを学習に利用できる環境を整えるそうです。すでに川崎市にある県立生田高校では、スマホの利用による授業が行われ、成果も出始めているようです。ただし、スマホを授業で活用する前提として、ユーザーIDとパスワードは絶対人に教えないとか、充電は自宅で行う、などの利用ルールが定められているようです。高校生のスマホ所有率は現在、9割を超えているようです。こういう取り組みも、時代の変化に対応していると言えるでしょう。

第250回 スマホ眼病にご注意!

スマホ眼病とは、スマホの見過ぎによる眼のトラブルのことです。長時間にわたり小さな画面を見つめると、眼の調節機能が低下して見えにくくなったり、疲れ眼やかすみ眼につながったりします。放っておくと慢性化し、肩こりや頭痛を起こします。もし眼が「重たい」とか「ゴロゴロする」とか「物がかすんで見える」などの症状があるとしたら、それは要注意です。

スマホ眼病には、次のセルフケアがお勧めのようです。
1.眼を閉じたり、遠くをぼうっと眺めたりして、眼を休ませる。
2.眼の周囲をマッサージして、眼の周りのリンパの流れを良くする。
3.疲労回復に良いとされるビタミンCを意識してとるようにする。

リンパマッサージは、眼の周りの骨の辺りを指で外側へなぞるのがポイントのようです。眼が疲れたからといってギューッとまぶたを押さえたりすると、眼球を傷付ける恐れがあるので、決してしてはなりません。また、眼の周りの筋肉の緊張を緩めるには、レンジでチンしたホットタオルや、市販のアイマスクなどを利用するのも良いようです。私自身は、生野菜を毎日しっかりとるようにしていますが、これも効果があるように思っています。

第249回 『生き物の死にざま』

私は、三連休を利用して上記の本を読みました。著者は稲垣栄洋氏,出版社は草思社です。氏は静岡大学大学院 農学研究科教授です。この本は、セミ,ハサミムシ,サケなどの29種の動物について書かれたエッセイ集です。それぞれのエッセイはとても読みやすく、動物への深い想いがいっぱいです。

例えば、サケについてのエッセイでは、川で生まれたサケが海へ下り、数年間海で暮らした後、生まれた場所を目指して最後の旅に出る様子がサケの立場に立った視点で書かれています。サケにとって、故郷への旅は死出の旅で、たくさんの危険に満ちたものです。例えば、途中にはサケを待ち受ける漁師たちもいるし、ダムなどの人工物もサケの進路を阻みます。なぜサケはそこまでの危険を冒して、生まれたところに戻るのでしょうか。やっとのことで川の上流にたどりついたメスのサケは、川底を掘って卵を産み、オスのサケはそれに精子をかけます。そして、メスはオスに守られながら、優しく卵に砂利をかけて産卵床を作ります。オスは、自らの命が続く限りメスを探し続け、自らの体力の限り繁殖行動を繰り返します。そして、オスのサケの命は尽きていきます。メスのサケは卵に覆い被さって卵を守りますが、やがて彼女も力尽き、死んでいきます。季節は巡り、春になると卵たちはかえり、稚魚が泳ぎ出します。なぜ、栄養の乏しい川で稚魚は生きられるのでしょうか。それは、息絶えたサケたちの死骸がえさとなり、プランクトンを発生させるからです。このようにして、サケという動物は「死んでからもなお、子どものために役に立とう」とプログラムされています。

さて、人間はどうでしょうか。親はサケと同じく、子どもを命懸けで育てたり守ったりするはずですが、そうでない親もいるようです。そのようなケースを見聞きすると、人間こそ、動物を見習う必要があるのではないかと感じたりします。

第248回 緊急ではないが重要なこと

私は最近、「緊急ではないが重要なことを最優先する」ということに関心をもっています。身の回りの出来事は、次の4つに分けることができます。
1.緊急かつ重要なこと
2.緊急であり重要ではないこと(例)外出中に急に雨に降られた。
3.緊急ではないが重要なこと
4.緊急でもなく重要でもないこと。(例)時間が空いたので、ぼんやりテレビを見る。

この4つのうち優先度が高いのは、もちろん1の「緊急かつ重要なこと」でしょう。このような例としては、「心筋梗塞にかかり、病院に緊急入院した」などが挙げられます。ここで大切なことは、「緊急かつ重要なこと」は、誰でも等しい割合で起きることなのか、ということです。私が最近読んだ本で「なるほど!」と思ったことは、「その割合は日頃の心掛け次第で減らせる」ということです。これを別の角度から見ると、「その人の人生において、『緊急かつ重要なこと』を減らすことができれば、その人はとても平穏無事に過ごすことができる」ということです。

では、その「緊急かつ重要なこと」を減らすにはどうしたらよいのでしょうか。私が「なるほど!」
と思った核心は、「『緊急ではないが重要なこと』を早め早めでやり続けていけば、『緊急かつ重要なこと』をなくしていくことができる」ということです。

それは例えば次のようなことが考えられます。「新鮮な野菜を毎日食べる」、「規則正しい生活をする」、「適度な運動をする」。これらは全て将来の健康を維持するために「緊急ではないが重要なこと」です。しかし、日々の生活でこれらを怠ったら、将来どういうことが起きやすくなるでしょうか。それは、将来、生活習慣病にかかる確率が高くなる、つまり、将来「緊急かつ重要なこと」が起きやすくなる、と言えるでしょう。

このことから、「緊急ではないが重要なこと」を日頃から率先してやるような習慣を身につけておけば、将来起きるかもしれない「緊急かつ重要なこと」を減らすことができると言えます。
ことわざで言えば、「転ばぬ先のつえ」というところでしょうか。これを知ったお陰で、私はますます「良いと思ったことは、何事も率先して早め早めにする」という行動を心掛けることにしました。

第247回 粋な会話

先日、人権団体「のりこえねっと」共同代表 辛 淑玉(しん・すご)氏の講演のダイジェストを読み、粋な会話について、とても感動しました。

辛さんがあるパーティーに出たときのことです。ある日系ペルー人の方が近付いて来て、「辛さん、歳はいくつ?」と聞いたのだそうです。辛さんは、「失礼な人ね」と思いつつも、「いくつに見える?」と聞き返しました。彼は、「30歳かなあ?」と言ったので、辛さんは「違う、違う」と言い、「私は38歳よ」と答えたそうです。すると彼は、「ボクはその歳が一番好きなんだ」と答えました。このようなシーンでは、普通の会話では「年齢よりずっと若く見えますね」などが多いようですが、この返し方の方がずっとおしゃれに感じました。

辛さんと彼はすっかり打ち解け、すてきな時間を過ごしました。そして彼は帰り際に、彼女の手に軽くキスをしました。彼女はうれしくなって、「私は今日はこの手を洗いません」と言いました。これに対しての彼の返しが絶妙です。「ボクは一生この口を洗わない」だったそうです。

いくつになっても、「大人の色気」や「おしゃれの心」は持ち続けたいものです。

第246回 野口雨情と「シャボン玉」

第246回 野口雨情と「シャボン玉」

先日、私は野口雨情についての神渡良平氏の文章を読みました。雨情は北原白秋、西条八十と共に、「童謡界の三大詩人」と並び称される程の人です。皆様の中にも「赤いくつ」(異国の地にもらわれて行った女の子のことを謳った歌)や「七つの子」(カラスの愛を謳った歌)をお聞きになった方も多いことでしょう。

雨情は、東京専門学校(現在の早稲田大学)にいたころから詩を書いていましたが、さっぱり芽が出ませんでした。詩人になることをあきらめて、他の仕事に就いてもうまくいかず、失意のどん底にいました。そんなとき、雨情は「みどり」という女の子を授かりました。彼はその子を目に入れても痛くない程かわいがりました。しかし、みどりは生後わずか7日後に天に召されてしまいました。

雨情は再び酒に浸る毎日を送るようになりましたが、ある日、雨情の夢の中に、亡くなった娘さんが現れたそうです。彼女は目にいっぱい涙を浮かべていました。その涙に雨情は心を動かされ、気付きました。「お前はわずか一週間しか生きられず、人生に挑戦することすら許されなかった。それに比べ、今の俺はどうだ。こんな五体満足な体をいただいていながら…」こんな気持ちになり、そこから立ち直り、その後、多くの童謡を書いたそうです。

その中に、「シャボン玉」という詩があります。皆様もその歌をお聞きになったことがおありのことでしょう。その歌の二番にこんな詩が出てきます。

シャボン玉 消えた
 飛ばずに 消えた
 生まれて すぐに
 こわれて 消えた
 風 風 吹くな
 シャボン玉 飛ばそ

この詩には、雨情のみどりちゃんに対する「人生を再び強く生き抜いていくぞ」という決意が秘められているようです。

最近の子どもたちは、このような情緒たっぷりの童謡などを聴く機会があるのでしょうか。神渡氏の文章を読んで、私も小さい頃のことや、いろいろな童謡を思い出しました。良いものはいつまでたっても人の心を揺さぶりますね。

第245回 『英語教育の危機』

私は盆休みを利用して、表題の本を読みました。著者は鳥飼玖美子氏です。氏は、立教大学名誉教授で、NHK「ニュースで英会話」などの担当もされていた英語通の方です。氏はこの本を通じ、2021年以降の日本の英語教育に、強い不安があることを訴えています。

詳しくは本書に譲りますが、ポイントとなることは、「英語で英語を教えるような教育法や、英文法の指導を軽視し、コミュニケーション重視の英語教育は、子ども達の英語力を伸ばすことにはならない」という主張です。この本には、私自身もずっと感じていたことが、理路整然と述べられており、とても共感しました。

私は学問の基本の一面としては、「今獲得している知識をもとに、さらに上のステップに上ったり、未知のものを切り開いていける力を養えること」があると思います。例えば、英単語の発音獲得の基本メソッドとして「フォニックス」という理論があり、その中に「魔法のe」というルールがあります。

それは、例えば次のようなものです。pin という単語を分解すると、〔プ・イ・ン〕となり、それを合わせて〔ピン〕と発音します。ところが、 pin の後に e がつき、pine という単語になると、最後についている e がその前にある i という母音に魔法をかけ、 i〔イ〕はアルファベット読みの i〔アイ〕に変化します。すると pineは〔プ・アイ・ン〕となり、〔パイン〕と発音します。いかがでしょうか。「そんなルールは初耳だ」と驚かれる方も多いことでしょう。

このルールを知ると、例えば fine,five,nine,site などの単語は、例え初出であってもスラスラと発音することができます。もちろんこのルールは、cut → cute などにも適応します。
私はこのルールを知ったとき、「なぜ今までの英語教育では、このようなルールを教えてくれなかったのか?中学生のときから、このルールを知っていれば、英語の習得がもっと楽になったのに!」と、とても残念に思いました。(余談ですが、フォニックスについては、後日その思いを『アルファベットの名人』というテキストにして、皆様から少なからず、感謝の声をいただきました。)

英単語の読み方ひとつにしても、英単語をシャワーのように浴びせて、その発音を覚えさせようとするより、まずはフォニックスを教え、その後、それをもとに英単語を読ませて行く方が、より合理的で、生徒の負担も少なくて済むことでしょう。

これから始まる新しい英語教育は、そのような観点から考えると、いかがなものなのでしょうか。皆様の中には、もう既に来年度から使われる小学5・6年生用の英語の教科書をご覧になった方もおられることと思います。塾の中には、それをもとにした授業を展開していくところも多いことでしょう。私としては、その路線とは違った方向になりますが、自塾独自の英語教育を推進していくというのも、ひとつの道としてあるように思います。皆様のお考えはいかがでしょうか。