第152回 驚異的な縄文時代

以前、私は青森市にある三内丸山遺跡を訪ねたことがあります。その遺跡は日本最大級の縄文遺跡群です。

その頃はまだ、稲作は日本に入ってきていませんでした。そのかわり、縄文人はたくさんの栗の木を植え、栗の実を常食にしていました。また近くには海があり、魚や貝はもちろんのこと、あわびなどもとって食べていました。さらに山では小動物をとり、それもタンパク源としていました。縄文人の住まいは、家族単位で住む竪穴住居ですが、その他として、会合や祭祀用につくられたと思われる大きな建物もあります。

このような遺跡や縄文人の生活を知ると、彼らがとても豊かに平和に暮らしていたことがわかります。そして、このような縄文時代が一万数千年も続いたという事実も驚きです。

先日、ある新聞で宮崎県西都市の考古博物館にある歴史年表のことを知りました。その年表は25mもあり、1㎝が10年、10㎝が1世紀として刻まれています。「民族の20世紀」「帝国の19世紀」「庶民の18世紀」「鎖国の17世紀」などは皆10㎝の長さです。400年続いた「古墳時代」は40㎝、一千年続いた「弥生時代」でも1mです。それに比べて「縄文時代」の長さは何と十数mに及びます。そんなに長い間、争いのない平和な時代が続いたのです。

この事実を知って、私は「文明の進化とは何なのだろう」とか「人々の本当の平和や幸せとは何なのだろう」と考えさせられてしまいました。

第151回 植物や人間の健康度

庭で野菜を育てていると、植物を通じて、いろいろなことを感じることができます。その1つに、植物の健康度があります。植物は、もちろんしゃべることはできませんから、育てている人に向かって、「水が足りないので補給して下さい。」などと訴えることはできません。

その代わりとして、植物は、葉の色や様子でそれを知らせます。例えば、葉が普通より濃い色をしていたらそれは肥料のやり過ぎ、などです。熟練した農家の人などは、植物をよく観察し、その調整を上手にしているのだろうと、最近気付きました。

これは、植物に限らず、人間にもあてはまることでしょう。子どもやスタッフの人は、親や上司に対して、なかなか本音をぶつけることがしにくいことでしょう。そのために、親や上司は子どもやスタッフの人に対して、顔色や様子をいつも見守っていてあげることが大切だと感じます。

私自身もそうですが、人間はついつい忙しさにかまけたりして、自分のことだけで精一杯になり、他人への配慮はおろそかになりがちなものです。忙しく自分に余裕がないときでも、いつも大切な相手の顔色や様子をじっくり観察し、何か変化があったら声をかけてあげることが、とても大切だと感じます。

第150回 言葉の変遷

ある新聞のコラムで、梯(かけはし)久美子氏(1961年生まれ)のエッセーを読みました。そこでは、ここ半世紀にわたる言葉の変遷が書かれており、とても興味深く読みました。

例えば、今は「ハンガー」とよぶのがあたりまえになっていますが、確かに私の小さい頃は「衣紋(えもん)掛け」とよんでいました。また、「スプーン」は「お匙(さじ)」でした。梯氏は私より13歳年下ですが、同年代の懐かしさを感じました。

その他にも「コーヒーカップ」は昔は「コーヒー茶碗(ぢゃわん)」とよんでいたし、「ジーンズ」は「ジーパン」でした。今は「ネイル」ですが、昔は「マニキュア」でした。今「マニキュア」などという言葉を使うと、笑われてしまうかもしれません。

さて、これからどうなるかと氏が注目している言葉が「フライヤー」だそうです。私がこの言葉に初めて出会ったのは数年前ですが、最初はこの言葉の意味がわかりませんでした。「何か飛ぶもの?」という感じでした。よく調べると、「チラシ」のことだと知って、なぜ「チラシ」ではだめなんだろうと思いました。今の若い人の感覚では、「チラシ」はださいイメージで、「フライヤー」ならかっこいい響きがあるからかもしれません。

言葉の変遷について、もっといろいろ調べてみると、おもしろいかもしれないと感じました。

第149回 すごい人

宮城県仙台市にある福聚山慈眼寺で住職をされている、塩沼亮潤さんという方をご存知でしょうか。氏は、小学5年のとき、テレビ番組で酒井雄哉師が挑んだ「千日回峰行」を知ったそうです。そして、「いつか自分も!」と思い、高校卒業後、奈良県吉野の金峯山寺で出家しました。

そして23歳のとき、大峯千日回峰行に臨みました。これは、金峯山寺から24㎞先にある山上ヶ岳頂上まで、標高差1355mの山道を往復48㎞、千日歩き続けるという修行です。毎朝午前0時半に、おにぎりを2個だけ持ち、春でも氷点下となる山頂まで向かいます。足の爪は割れ、時には極限状態の中で、幻影を見たりするそうです。これらに打ち勝ち、氏は1999年に大峯山1300年の歴史で2人目となる満行を達成しました。

この事実を知って私は、昔6月に登った標高1721mの、北海道にある利尻山登山を想い出しました。登る高さは同じくらいで、6月といえども、8合目より上は吹雪で、前も見えない程でした。ガイドさんについてもらい、完璧な装備をしていても、足が雪に埋もれたり、強い風で体温が奪われたりと、大変な思いをしました。とても厳しい山行で、朝4時出発で、帰り着いたのは夕方の4時でした。

登山終了後、ガイドさんからは、「これができたんだから、あとはどんな山でも登れるよ」と褒めていただきました。帰ってから宿ではゆっくり風呂に入り、おいしい夕食に舌鼓を打ちました。

一方、塩沼氏は、このような山行を1年のうち4ヶ月ぶっ続けで行い、9年間かけて達成したのです。私は、前述のような利尻山登山の経験があるだけに、氏が行った修行のすごさをひしひしと感じました。

第148回 家庭菜園

私の菜園では、インゲンなどの収穫が終わり、秋からの収穫に向けての種蒔きなどを始めました。 私は毎日、畑から少しずつ大葉やバジルの葉を摘み取り、それをサラダにして食べています。毎日とりたての野菜を食べることが、健康維持につながっているように思います。

家庭菜園をしていると、50代から90歳の手前まで、同じように家庭菜園をしていた母のことが想い出されます。畑作りは、毎年の気候や諸条件によって収穫が変わります。

母は、毎年毎年その結果を見て、「よし、来年こそもっとうまく収穫してみせる」と決意し、いろいろな工夫を凝らして次のシーズンに向かっていました。その向上心や情熱が、長生きの秘訣だったのかもしれません。私もそれを見習って、畑作りの名人を目指していきたいと思います。