第176回 大徳寺納豆

前回は花粉症対策について書きましたが、今回はその続きです。

酒粕を食べるという花粉症対策について、知り合いのお医者さんにお話ししたところ、その先生から、とても興味深い話をお聞きしました。その先生は、このようにお話し下さいました。「鳥居さん、酒粕もいいけど、お酒の酵母は単一なので、その酒粕の酵母菌がその人の腸内細菌と合うかどうかはわからないよ。それよりもっとすごい発酵食品があるよ。

それは『大徳寺納豆』だ。これは何百という菌の集合体なので、その人の腸内細菌と合いやすく、お勧めだよ。」

大徳寺は私の家の近所ということもあり、早速それを買い求めに行きました。その納豆は、夏の間2ヶ月をかけて、じっくり発酵させてできるとのことで、見た目はウサギの糞を小さくしたような感じです。恐る恐る口に含んでみると、少し塩味がある何とも不思議な味で、癖になりそうな感じです。お店の人によると、それはお茶を飲むときにつまんでもいいし、料理の隠し味としても利用できるそうです。

その先生は、「花粉症対策として食べるなら、1日ほんの少量を摂ればいい」とおっしゃっていました。そこで私は、それを早速、朝晩食べることにしました。結果が出たら、またご報告します。

日本には、古くから伝わるいろいろな食べ物があるものですね。とても驚きました。この大徳寺納豆は、通販でも購入できるそうです。ご興味がおありの方は、是非ネットで調べてみて下さい。

第175回 花粉症対策

今年も日本全国、花粉がたくさん飛んでいるようです。そして、花粉症にお悩みの方もたくさんおられると存じます。私も去年まではひどい花粉症に悩まされていましたが、今年は大分ましになっています。一説によると、花粉症は腸の免疫力の乱れから起きるとされています。そのため、ヨーグルトや味噌などの発酵食品をよく摂り、大腸を整え、免疫力を正常にすると良いとのことです。

私の娘も去年までひどい花粉症に悩んでいましたが、今年からある食品を摂るようになってから、今年はその症状がまだ出ていないということを聞きました。そこで私も最近、その食品を摂ることを実行しています。果たしてそれが効いているのかどうかはわかりませんが、昨年に比べ、その症状が少しましであるのは事実です。それが気のせいかもしれませんし、人によってその効果はまちまちだとは思いますが。
 
その食品とは「酒粕」です。ただし、「酒粕」といっても、スーパーなどで売っている普通のものとは違い、酒の蔵元で直売しているような、アルコールなどの添加物が入っていない純粋なものが良いそうです。私はちょうど岐阜県に出かけた際、幹線道路から少し入ったところにある小さな蔵元を見つけ、そこで純米吟醸のお酒を絞るときに出た酒粕を手に入れました。その後、それを少しずつちぎり、朝晩サラダと共に食べています。

確かに、酒粕にはたくさんのミネラルや酵母菌などが入っているようで、腸の健康維持には良いようです。また、酒粕にはレジスタントプロテインというものが含まれ、癌抑制効果や生活習慣病予防、美肌作りなどにも効果があるようです。
ご興味をお持ちの方は、是非調べてみてください。

第174回 子どもたちの論理的思考力

今回は『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』から、ある調査結果をご紹介します。この本の著者である新井紀子氏が所属する日本数学会は、2011年に「大学生数学基本調査」を行いました。それには、全国の48大学,6000人の大学生(主に1年生)が参加しました。大学生のレベルは、国公立S,A,Bと私立S,A,B,Cの7ランクです。

問題は5問で、例えば次のようなものです。偶数と奇数を足すと、答はどうなるか。次のうち、正しいものを選び、次にそうなる理由を説明しなさい。
(a)いつも必ず偶数になる。
(b)いつも必ず奇数になる。
(c)奇数にも偶数にもなる。
この問題の正答率は、34%にすぎなかったそうです。

答えの例とすると、次のようなものも多くありました。
・全部やってみたらそうだった。
・2+1=3,4+5=9のようだから。
・三角と三角を足したら四角になるのと同じで、四角と三角では四角にならないから。
この問題に対し、満足のいく答えを書けたものは、国立Sクラスの大学生のみで、他のクラスの解答は、惨たんたるものだった。

他の4問に対する解答の状況も、同様のようで、筆者は「どこの大学に入学出来るかは、学習量でも知識でも運でもない。論理的な読解と推論の力なのではないか。」と結論付けています。皆さんはこの結論に対して、いかがお考えでしょうか。

多くの塾では、保護者の期待に応えるため、定期テスト対策を強化し、日常の生徒の成績アップを重視しています。しかし私は、自塾生の大学入試のことや、その後の進路まで考えると、「論理的思考力の強化」のような「骨太の指導方針」を持った塾の存在も大切なような気がします。そのような方針を世の保護者に訴えかけ、賛同してもらうことは、大変なことかもしれませんが、AI時代をたくましく生き抜く子どもたちを育てるには、その力の育成が大切なように思います。

第173回「マグロ3切れ」の命

船越康弘氏の講演のダイジェスト文を読み、とても感動しました。以下、その内容を紹介します。

皆さんが赤身のマグロを3切れ食べたとします。そのマグロは生きるために、エサであるイワシを千匹食べます。その千匹のイワシは、生きるために、アミエビを5億匹食べます。そのアミエビはプランクトンを50兆食べます。そのプランクトンが生まれるためには、たくさんの海水、太陽の光、空気が関わっています。

ところで、その3切れのマグロのエネルギーによって生きられる私たちの命は、たった20分間だそうです。これを知ると、自然界に存在する雨,風,水,太陽の光,プランクトン,アミエビ,イワシなどの全てが、私たちの命を支えてくれていると感じます。それぞれの小さな生命が、命を投げ出して、「私」を生かしてくれているとも言えます。これを知って、私は「もっと自分の命を大切にしなければならない」と思いました。