第196回 五つの欲求

五つの欲求と聞くと、アメリカの心理学者アブラハム・マズローの「5段階の欲求」をまず連想します。それに対し、別の見方からの「五つの欲求」もあるようです。私は、ある記事からその「五つの欲求」を知って、「なるほど、これは人のタイプを知るのにとても良い見方だ」と感じました。その「五つの欲求」は(有)志縁塾代表の大谷由里子氏が紹介しているものです。

まず一つ目は、「愛情の欲求」だそうです。この欲求が強い人は、放って置かれると機嫌が悪くなるそうです。つまり、いつも周りからの愛情を感じていたいタイプなのです。

二つ目は「承認の欲求」だそうです。この欲求が強い人は、「認められたい」「尊敬されたい」といつも思うようです。そして、人からは「頼りにしています」などの言葉を掛けられると嬉しく思います。

三つ目は「自由の欲求」です。この欲求が強い人は、自分で決めることにこだわり、人から「あれせい、これせい」と言われることを嫌います。

四つ目は「挑戦の欲求」です。この欲求が強い人は、「新しいことをしたい。もっと学びたい」などの気持ちが人より強いようです。また人からは「○○さん、変わっていますね」などとよく言われますが、このタイプの人にとっては、それが褒め言葉になるようです。

五つ目は「安心の欲求」です。この欲求が大きい人は、安心、安定を求め、人からは「大丈夫だよ」と言われると安心するようです。この「五つの欲求」を自分に当てはめてみて、「なるほど当たっている」と感じました。私は「承認の欲求」「自由の欲求」「挑戦の欲求」の3つについては強いこだわりを持っています。しかし、愛情や安心の欲求については、淡泊な方です。

つまり、「人から愛されたい」とか、「安らかな生活を送りたい」という気持ちより、「自分を向上させたい」とか、「自由でいたい」「良い仕事をして人から認められたい」という気持ちを強く持っています。そして、「鳥居さんは他の人と違う」とか「変わった人だ」と言われると、なぜか嬉しくなります。

一方、このような私に対して「安心の欲求」や「愛情の欲求」を最優先している方もおられることでしょう。人のタイプは様々ですから、自分の価値観を人に押しつけたり、自分のものさしで人を計ったりすることはトラブルの元になることでしょう。
この「五つの欲求」をいつも頭においておくと、相手をよく理解できるとともに、お互いを認め合う関係が生まれるのではないかと感じました。

第195回 人類にとっての「奇跡の一万年」とは?

私は出張のついでに青森県にある三内丸山遺跡に行ったことがあります。そこに行って驚いたことは、そのころの縄文人は、とても豊かな生活を送り、平和に暮らしていたということです。その縄文時代は何と一万年以上も続きました。日本にある縄文の遺跡は、数千ヶ所もあります。そのころの海外にある遺跡では、武器や戦って死んだ人の痕跡が残っています。

しかし、縄文時代の遺跡には、そのようなものは一切出土しないのです。食べ物も、海草、アワビ、魚などの海のものや、ウサギなどの小動物をふんだんに食べました。また、栗の木をたくさん植え、栗の実も常食していたようです。

このように、日本の縄文人は皆仲良く暮らし、争って殺し合うということをしませんでした。これは、世界に類を見ないことのようです。その後の日本では、第二次世界大戦で敗戦するまでは戦いの連続でした。現代人と縄文人では、何がどう違うのか、とても興味深いものです。

第194回 ヤバいの語源

「ヤバい」という言葉は、本来「危ない」という意味を表します。それが今では「このケーキ、ヤバい!」などのように使われ、「おいしい」という意味まで持つようになりました。では、その「ヤバい」の語源は何なのでしょうか。

1つ目の説は、「厄場(やくば)」から転じて「ヤバ」になったというものだそうです。厄場とは、江戸時代に犯罪者を収容する牢屋のことです。そこで、「やくば」という言葉は、「牢獄へ入れられるような危ない橋を渡る」という意味で使われ、それが「ヤバい」になったようです。

2つ目の説は、江戸時代に庶民が的当ての矢で遊んだ、遊技場である「矢場(ヤバ)」からきたというものです。そこで働いている人は、矢を回収するときに危険が一杯でした。そのため、危ないことを「ヤバい」というようになったとのことです。

さて、「危ない」という意味を表す言葉が「おいしい」という意味も表すとは、驚きです。江戸時代の人々もビックリすることでしょう。

第193回 ジェネレーションギャップ

(有)志緑塾代表の大谷由里子さんの講演のダイジェスト文を読んでいて、「なるほど、今の若い人とは、このようなジェネレーションギャップがあるのか」と驚いたことがあります。

例えば「電話による通信」がそうです。私たち60代の若い頃は、電話による通信といえば、黒電話による通信でした。友人と話をするためにその家に電話をかけると、まず友人のお父さんやお母さんが電話に出られました。そこで、少々のやりとりがあって、次に友人に取り次いでもらいました。そこでは否が応でもあまり知らない人と会話することが余儀なくされ、とても緊張したものです。

ところが、今の若い人は幼い頃から携帯電話のやりとりが中心ですから、そのような体験はほとんどないことでしょう。携帯電話では、いきなり話したい相手と直接しゃべることができるからです。
ですから、今の若い人が「電話を通じて見ず知らずの人と話す」というトレーニングができていなくて当然といえます。

そのような体験を積んでこなかった若者が会社に入り、会社の電話が鳴ったとします。そこで先輩が、「おい、○○君、その電話取ってくれ。」と頼んだとします。するとその若者は「えっ、取っていいんですか?この電話、非通知ですよ。」というような笑い話も生まれるそうです。

このように、平成生まれの若者と40歳以上の年代の人間には、ベルリンの壁くらいのジェネレーションギャップがあるそうです。大谷さんが自社でインターン中の学生さんにその話をしたそうです。するとその学生さんは、「大谷さん、ベルリンの壁って何ですか?」と聞き返したそうです。ベルリンの壁の崩壊は1989年で、その学生さんの生まれる前の出来事です。大谷さんは、「ここにもジェネレーションギャップがあったのか。」と驚いたそうです。

今現在、私自身は10代や20代の若い人と話す機会がほとんどありません。一度是非若い人といろいろな話をしたいものだと思いました。