第237回 『いま、ここで輝く。』

私は先日、表題の本を読みました。著者はおおたとしまささん、出版社はエッセンシャル出版社です。

この本は、東大合格者数では全国トップレベルの進学校である、栄光学園〈中・高〉の数学教員をされている「イモニィ」こと井本陽久さんについてのものです。イモニィの授業はとてもユニークで、全国から教員だけでなく、カリスマ塾講師、プロ家庭教師など、たくさんの人が見学に訪れるそうです。そして、その授業を受ける生徒たちの躍動感を目の当たりにし、皆感激して帰られるそうです。

私は、その授業がどんなものなのかに強く興味を持ち、本書を読み進めました。詳しくは本書に譲りますが、そのポイントは、「興味を引き出し、深く考えさせ、しかもそれらをゲームのように楽しい雰囲気の中でする」ということのようです。

今の学校では「幾何における証明問題」などは、深く扱いませんが、イモニィの授業では、それを積極的に取り入れ、数人のグループを作って、各チームで競わせるなども行っています。一見、受験勉強とは、かけ離れているように見えますが、これらを通じて「深く考えさせる」ということが、学力を高めるために大切なようです。

少し話は変わりますが、当社の『ろんりde国語』には、「〈なくしたのですか/ペン/どこで/あなた〉について、助詞を補いながら適切な文をつくりなさい」などの問題があります。このような問題を解くためには、「ああでもない、こうでもない」と頭を使います。そのような過程の中で、国語力や論理的思考力が身につきます。そして、それをきちんとした文字でます目を埋めるということで、国語力が定着します。

最近、ICTや映像が中心の教材が増えていますが、私は「学力を伸ばすには、深く考えたり、実際に文字を書かせることが最も重要である」と思っています。皆様のお考えはいかがでしょうか。

第236回 「%」が分からない大学生

最近私は表題の本を読みました。著者は芳沢光雄氏で、出版社は光文社です。

芳沢氏によると、現在の日本の大学生に「2億円は50億円の何%か」という質問をすると、「50÷2=25だから25%です」と答える人が2割前後いるそうです。また、中3生を対象とした全国学力テストの結果では、食塩水の濃度の問題について、2012年の中3生の方が、1983年の頃の中3生より正解率が20%も下がっているそうです。

このような現象の背景に何があるのでしょうか。詳しくは本書の内容に譲りますが、一番大きな問題は、学生たちが「やり方や解き方だけ覚えようとして、『なぜそうなるか』とか『深く考えること』をしなくなったこと」にあるようです。

確かに、教材展示会で塾の先生方とお話をしていると、「最近の生徒たちは、考えることを放棄して『わからん』を連発し、すぐに答えを聞こうとする傾向が強い」などと答える方が多くおられます。また、保護者にも、ちょっと考えれば分かることでもすぐに聞いてきたり、感情的になったりする人が多いようです。また、塾を選ぶこと一つについても、よく調べたり考えたりすることなく、一部の情報だけを鵜呑みにして決めてしまう人もいるようです。

ではなぜ、このような数学の力や考える力が衰えてきてしまったのでしょうか。ある塾の先生は「ゆとり教育などによって、親の学力や考える力が衰え、それが今の子どもに影響を及ぼしているのではないか」とおっしゃっていました。生徒たちと接するときは、すぐ答を教えず、じっくり考えさせる習慣をつけることも大切なようです。

第235回 お金を貯める?信用を貯める?

上記の表題に対して、「信用を貯めるより、まずはお金を貯めることだろう」と考える人は多いと思われます。私は、その逆の考え方で成功した人の話を知って、とても興味深く思いました。

その人は「ホームレス小谷」というあまり売れていない芸人さんです。彼はクラウドファンディングに、「今度結婚します。でも2人にはお金がありません。一口4千円を支援してくれたら結婚式に招待します。」という告知をしたそうです。常識から言えば、「ふざけるな。それくらい自分で貯めてから結婚しろ」と炎上してしまいそうな告知です。しかし彼は、3週間で250万円も集め、盛大な結婚式を挙げたそうです。一体そのからくりはどうなっているのでしょうか。

実は彼はその半年ほど前に「何でもやります。僕を買って下さい。1日50円です。」とネット上で告知し、人を集めるという「何でも屋」をしていたのです。日給はたった50円ですから、支払う人は「申し訳ない」と夕食をご馳走したり、手土産をもたせたりしていたそうです。これがもし「日給1万円」だったら、たっぷり働いてもらって、あとは「はいサヨナラ」となったことでしょう。しかし、彼の場合は、50円以外の対価として、たくさんの「ありがとう」をもらっていたことになります。

そうです。彼の結婚費用を支援したのは、かつて彼を1日50円で雇った人たちだったのです。その人たちが、「あの小谷さんの結婚式なら4千円くらい喜んで!」と1口、2口、3口と振り込んできたそうです。小谷さんが半年間、日給50円で貯めこんできたものは、「お金」ではなく、「信用」だったのでしょう。その「信用」が、結果的に250万円という「お金」に換えられたようです。何ともいい話だと思いました。

第234回 木村塾の奇跡

私は先日、表題の本を読みました。著者は木村吉宏氏で、PHPから出版されています。

木村氏は、尼崎市、西宮市、伊丹市など阪神地区、及び大阪北摂地区に、30校舎ほどを展開し、木村塾の生徒数は7千人を超えています。なぜこんな少子化の時代に大きな躍進を遂げているのでしょうか。

私は仕事の関係上、木村氏もよく存じ上げていますし、以前からその躍進振りも把握していました。しかし、この本を読むまでは、なぜそのような実績をあげることができるのか、その秘密を知ることはできませんでした。そして、やっとこの本を読むことで、その秘密の一部を知ることができました。

一般の塾では、どのように生徒のモチベーションを上げ、勉強に駆り立てたり、成績を上げるような仕組みを作っているでしょうか。少なくとも私の塾では、塾生に向かって勉強をすることの意義や、大学に行くメリットなどを伝えている程度でした。各自の定期テストの点数アップについても、「――君を追い越そう」とか「――塾打倒」などという目標を掲げ、生徒を叱咤激励する塾もあることでしょう。

この本を読んで私は、「なるほど、そういう方法で生徒の考え方やものの見方を変えてしまうのか。それはすごい仕組みだ」と感心しました。木村氏がこの本を刊行するに当たり、社員から「社長、ここまで当塾の秘密を明かしてしまっていいのですか。他塾がうちの真似をするようになると、まずいのではないですか」との声が上がったそうです。それに対し木村氏は、「真似をしてくれた方が、子どもたちのために、かえって良いことだ」と答えられたそうです。このようなことにご興味ある方は、一読をお勧めします。

第233回 大台ヶ原

私は先日、大学時代からの友人で山が大好きな人と奈良県の南部に位置する大台ヶ原に行ってきました。大台ケ原は吉野熊野国立公園の特別保護地域になっており、貴重な自然が残されています。大台ヶ原の最高峰は日出ヶ岳で、標高1695mとそう高くはありませんが、大台ヶ原は同じ様な高さの山々が多く連なる台地になっており、年間の降水量が3500mmを越える日本一の多雨地帯です。私は今まで日本一の多雨地帯は屋久島だと思っていました。しかしそれは間違っていました。

大台ヶ原のいろいろな資料を展示しているビジターセンターではこんなパネルがありました。写真はこちらをご覧ください。
http://www.tsumugi.ne.jp/photo/yomoyama/20190523-11.html
これを見ると、降水量が3.5メートルと言うのはどんなにすごいことかわかります。頭でわかるのと、実感するのとでは大きな違いがあることがよくわかりました。

大台ヶ原には、山頂近くに広い駐車場があり、そこまでは車で行けます。そこから3 、40分ほど登山すると、大台ヶ原山に着くことができます。そこからの展望は素晴らしく、感動しました。写真はこちらです。
http://www.tsumugi.ne.jp/photo/yomoyama/20190523-12.html

山頂から4時間ほど歩くと大台ヶ原一帯を周回できるようになっています。山の楽しみは、周りの景色もそうですが、所々に咲いている花や珍しい植物が見られることです。周回する道の1部にはシャクナゲのトンネルがあり、ちょうど花が満開でした。まさに一期一会と言う感じで、この場所のこの時期しか見られないと思うととても感動しました。写真はこちらです。お楽しみください。
http://www.tsumugi.ne.jp/photo/yomoyama/20190523-13.html