第244回 「腸」の大切さ

中学の理科で人体のことを学ぶと、とても興味深いことがわかります。それは、「胃や腸は体の中にある外界」だということです。一般的に、「胃や腸は体の中にある」と思いますが、「食べたものや外界にあるものが、直接人体と接する場所」と考えれば、胃や腸は、外界と直接接している最も危険な場所なのです。だから、腸には体全体の免疫細胞の約6割が集まっています。また、腸内の神経細胞は、約一億個もあり、「腸は第二の脳」とも言われています。それは、腸は外界からやってくる様々なものを、体の中で最初に処理する場所だからです。
 
腸は、ネットワークを通じて、あらゆる臓器とつながっています。特に、脳とは迷走神経を通じて相互に情報交換しています。「緊張するとお腹が痛くなる」とか、「『うつ』の患者さんには便秘や下痢の人が多い」などもその一例です。

また、腸内の環境が悪化して、腸の老化が進んでくると、腸粘膜の細胞が疲弊してきて、細胞同士のつながりが壊され、所々に穴が開きます。これがリーキー(もれやすい)ガット(腸)症候群といわれるものです。リーキーガット症候群になると、今までは入れなかった病原菌や、未消化のタンパク質などがその穴を通じて入ってきて、いたずらをします。年齢がいくと、花粉症などが起きるのもそれが原因だと言われています。

人間は60歳を過ぎると、腸内細菌の組成が変化し、悪玉菌の増加とともに、善玉菌が急減しやすくなります。それを防ぐのは、規則的な生活や、バランスの取れた食事、適度な運動です。また、15分間ゆっくりとぬるめのお風呂につかるとか、お腹をマッサージするなども、効果的なようです。

私も腸の健康には日頃から充分注意しようと思います。腸のことにご興味をお持ちの方は、『新しい腸の教科書』江田 証 著〈池田書房〉などの一読をお勧めします。

第243回 「赤いうどん」という不思議な野菜

まずは次の写真をご覧下さい。
写真はこちら
http://www.tsumugi.ne.jp/photo/yomoyama/20190819.html
このような野菜をご覧になったり、食べたりしたことはおありですか。これはアフリカ原産の「レッドヌードル」というインゲンのような野菜です。

私は、この野菜の種を、ある植物学博士のような方から分けていただき、試しに5月に植えてみました。すると、写真のような美しい花が咲き、まるでミミズのような(?)実がなりました。

まさにレッドヌードルという名がぴったりの野菜です。これはインゲンのような野菜で、みそ汁に入れて食べると、コリコリした食感があり、とても美味しかったです。暑さにも強く、採っても採っても次から次へと実がなるので、とても重宝な野菜です。

第242回  現在の中学生の英語力

8月1日に、小6,中3学力テスト結果が発表されました。英語において、英作文の問題で「彼女はローマに住んでいます」という文章の正答率は、約34%だったそうです。中1で学ぶこのような易しい英作文でも、中3生の約3人に1人しか正解できないということに、私は「やはり、私が危惧していた通りだ」と感じました。

それは、基本的な英文法をマスターできていない子ども達がほとんどである、ということです。ですから、25語以上の英作文を書かせる問題の正答率が、たった2%だったことも、容易に理解できます。その根底には、国語力不足も横たわっていると思います。「彼女は/ローマに/住んでいる」という日本文において、「主語は『彼女は』で、述語(動詞)は『住んでいる』である」ということがつかめているか、がまず問題となります。次に、英語においては、彼女はネ/住んでいるヨ/ローマにネ」という感覚で話されていることをつかんでいるかが問題となります。そこで初めてShe/lives/in Rome.という文を作ることができます。

もちろんそこでは、三単現のsやinという前置詞の知識も必要となりますが、私は英語のマスターにおいては、「英語の構造をまず理解することが大切だ」と思っています。しかし、これからの英語教育の流れは、それとは真逆で、「シャワーのように英語を浴びてマスターする」というような方向性です。それで果たして、今まで以上に子ども達は英語に堪能になれるのでしょうか。

私は、これからの英語教育が進めば進むほど、「She Rome live.」のような英語を話す生徒が増えていくように感じています。

第241回 『ケーキの切れない非行少年たち』

私はタイトルに惹かれて、表題の本を読みました。著者は児童精神科医である宮口幸治氏で、精神科病院や医療少年院に勤務されている方です。

皆さんが塾生に「丸いケーキを三等分するにはどう切ればいい?」と質問したとしたら、塾生は何と答えるでしょうか。少しでも分数を学んだ生徒なら、少し考えただけで、ベンツのマークのような切り方を思い浮かべることでしょう。

しかし、多くの非行少年たちはそれがわからず、円に二本の平行線を引くような切り方を答えにするそうです。詳しくは本書に譲りますが、非行を犯す子どもたちは「性根が悪い」とかではなく、「認知機能」が弱く、「そのような行動をしたら、その後どういうことになるか」などについて、考える力が劣っているそうです。

「認知機能が弱い」ということに関しては、入塾の相談に来る生徒さんの中に、次のような傾向をもつ生徒さんがおられませんか。
1.漢字や計算がなかなか覚えられず、覚えてもすぐに忘れてしまう。
2.計算において、繰り上がりができない。
3.黒板に書いてある事柄を写せない。
4.文字をひとかたまりとして読めない。

このような傾向をもつ生徒への指導としては、普通の学校の勉強を教えることでは対応できないようです。それよりも、「点つなぎ」のような「認知機能強化トレーニング」が効果的なようです。ちょうど当社の教材の中に、『あたまの準備運動』というものがありますが、そのようなトレーニングが必要なようです。

最近、「なぜそんな事件を起こすのか。相手の立場に立って考えることはできないのか。」などと疑問に思う事件が多発しています。この本を読むと、その問題の解決には、「その子にふさわしい教育の必要性」があることがわかります。