第264回 男の子の育て方

開成高校は、東大合格者数38年連続1位に輝いている学校です。先日私は、その学校の校長先生で、東大の名誉教授もされている、柳沢幸雄氏が書いた「男の子の『自己肯定感』を高める育て方」〈実務教育出版〉という本を読みました。

その本には「なるほど!」と思う点がいくつも書かれており、とても参考になりました。例えば、「子は親の鏡」という言葉の解釈です。氏は「単なる『鏡』ではなく、ある部分を非常に『肥大化させて写す鏡』である」と捉えています。つまり、親が無意識に「私はたいした人間ではありません」などと、「謙遜の文化」をもって日々生活していたとすると、子どもはそれをさらに肥大化して受け継いでしまうとのことです。子どもがそのような考えに強く染まってしまえば、将来大きく伸びるであろう芽を、幼いうちから摘んでしまうことになります。

今の日本の世の中には、「謙遜の文化」がはびこっています。例えば「~させていただきます」という表現です。最近よく「大会に出場させていただいて」とか「この会議に出席させていただいて」などの言葉を耳にします。私は常日頃、「なぜ『大会に出場して』、『会議に出席して』と言わないのだろうか」と疑問に思っていましたが、氏は、そこに「日本人は集団との予定調和のつながりの中で生きている」ことがわかると述べています。このような風潮の中で子育てをしてしまうと、子どもは大きく伸びないようです。

ここで大切なことは、子どもに「自己肯定感」を持たせることのようです。そのためには、「物事のプラス面を見る、失敗してもチャレンジできる、人を褒めることができる」などの資質を親がしっかりと持ち、それを子育てに応用することのようです。例えば、次のようなシーンを考えるとよくわかります。ファミレスで5歳くらいの子が、ドリンクバーからジュースを自分で運んでいたとします。しかし、そのジュースをなみなみと注いでしまったために、歩いている途中でこぼしてしまいました。1人のお母さんは「もう!だから1人で取りに行くのは無理って言ったでしょ。お母さんが取ってきてあげるから、そこに座っていなさい!」と言いました。もう1人のお母さんは、店の人に謝った後、「じゃあどうしたらこぼさずに運べるか、一緒に考えてみよう」と言って、どのくらいまで注いだらよいかを教え、そのジュースを子どもに持たせ、無事に席まで運ばせました。子どもが「やった!自分1人でもできた。ぼくはすごい!」という「自己肯定感」を持てるようになるのは、後者の方です。

開成中学・高校では入学直後から、高3生から中1生までが混在するチームを作り、そのチームを中心にして、いろいろな行事を行うそうです。そして、その行事の中で「自己肯定感」を養ったり、「人は違って、みんないい」という感覚を養ったりしているそうです。詳しくは本書に譲りますが、この本は特に、「思春期の男の子との接し方に悩んでいる母親」が読まれると、とても参考になるのではないかと感じました。

第263回 30年のリズム感

私は、ある記事を通じ、以下の「30年のリズム感」という歴史のとらえ方を知り、とても興味を覚えました。このアイディアは、「論語とそろばん」を説き、資本主義の父と呼ばれた渋沢栄一氏の玄孫である渋沢健氏によって、提唱されたものです。

それによると、各時代は次のようにとらえられるそうです。

1870年~1900年 江戸時代の常識が破壊された「破壊の30年」

1900年~1930年 日露戦争に象徴される新興国日本が先進国に仲間入りする「繁栄の30年」

1930年~1960年 第二次世界大戦に代表される戦争の時代となった「破壊の30年」

1960年~1990年 高度経済成長期でありジャパン・アズ・NO.1と言われた「繁栄の30年」

1990年~2020年 バブル崩壊から失われた数十年と言われる「破壊の30年」

これらは陰陽の関係にあり、60年が一周期となっているとのことです。このリズム感で行けば、2020年~2050年の「繁栄の30年」となりそうですが、皆様の感覚ではいかがでしょうか。いずれにしても、2020年から世界が平和に向かうよう、願いたいものです。

第262回 「東大脳」をつくるには?

私は先日、脳医学者である瀧靖之氏の、東大脳を作るにはどうしたらよいか、についての講演のダイジェストを読みました。東大生の子どもの頃には共通点があるそうです。それは、「熱中体験」だそうです。例えば、「スポーツ観戦が好きで、それに熱中しているうちにデータ分析ができるようになった」とか、「英語の歌が好きで、それをうたっているうちに英語が得意になった」などです。

私は理科系出身ですが、私自身の子どもの頃を振り返ってみても、利根川での川遊びなどを通じて、動植物や自然のことに熱中した覚えがあります。「何かに熱中する」と、自主的に本で調べてみたり考えたりするので、そのプロセスが勉強にも共通するようです。

また、東大生は一般的に家族と仲良しで、会話も多いようです。また、勉強は自然な形でリビングでさっと取りかかる、などの傾向もあるようです。また、東大生の家族は、「勉強しなさい」と勉強を強要するのではなく、「勉強は好きなときにやりなさい」とか、「自分の人生は自分で決めるといいよ」などと、子どもの自律を促すようなリードをする傾向が高いようです。

話は変わりますが、箱根駅伝では原監督率いる青学大が優勝しましたが、この勝因も「自立心」や「自分たちで考える習慣」が大きいようです。青学大は、2004年当時は箱根駅伝の予選会さえ通過できないような弱小チームでした。2008年にようやく予選会を突破し、徐々に強くなっていきました。原監督は、「強いチームを作る上での監督の役割は?」という質問をよく受けるそうですが、その答は「監督が指示を出さなくても、部員それぞれがやるべきことを考えて実行できるチームにすること」だそうです。

塾においても会社においても、このようなチームを作ることが大切なようです。